NEWS

広島原爆の日、子どもたちの平和への誓いが心にしみる「必死で生きてきた人々がいなければ、今の広島はありません」(全文)

2017年08月05日 23時36分 JST | 更新 2017年08月05日 23時42分 JST
時事通信社

広島市の平和記念公園で8月6日、「平和祈念式典」が開かれ、広島市内の小学校に通う2人が「平和への誓い」を読み上げた

誓いのなかで児童らは、原子爆弾が投下される前の広島には、「一緒に創るはずだった未来がありました」と述べ、原爆によって多くの命や夢を失ったことを表現した。

しかし、復興のために努力を続けた当時の人々に思いを馳せ、「今、広島は、人々の笑顔が自然にあふれる街になりました」、「苦しい中、必死で生きてきた人々がいなければ、今の広島はありません」などと述べた。

「平和への誓い」の全文は以下の通り。

****

平和への誓い

原子爆弾が投下される前の広島には、美しい自然がありました。

大好きな人の優しい笑顔、温もりがありました。

一緒に創るはずだった未来がありました。

広島には、当たり前の日常があったのです。

昭和20年(1945年)、8月6日午前8時15分、広島の街は焼け野原となりました。

広島の町を失ったのです。

多くの命、多くの夢を、失ったのです。

当時、小学生だった語り部の方は、「亡くなった母と姉を見ても涙が出なかった」と語ります。感情までも奪われた人がいたのです。

大切なものを奪われ、心の中に深い傷を負った広島の人々。しかし今、広島は、人々の笑顔が自然にあふれる街になりました。草や木であふれ、緑いっぱいの街になりました。

平和都市として、世界中の人に感心を持たれる街となりました。

あのまま人々が諦めてしまっていたら、復興への強い思いや願いを捨てていたら、苦しい中、必死で生きてきた人々がいなければ、今の広島はありません。

平和を考える場所、広島。

平和を誓う場所、広島。

未来を考えるスタートの場所、広島。

未来の人に、戦争の体験は不要です。しかし、戦争の事実を正しく学ぶことは必要です。

一人ひとりの命の重みを知ること、互いを認めあうこと、まっすぐ世界の人々に届く言葉で、あきらめず、粘り強く伝えていきます。

広島の子供の私たちが勇気を出し、心と心をつなぐ架け橋を築いていきます。

平成29年(2017年)8月6日

こども代表

広島市立大芝小学校6年 竹舛直柔

広島市立中筋小学校6年 福永希実

hiroshima

平和記念式典で、平和への誓いを読み上げるこども代表の2人(2017年8月6日)


▼「原爆投下直後の広島」画像集が開きます▼

原爆投下直後の広島


【※】スライドショーが表示されない場合は、こちら

【関連記事】 hiroshima peace memorial park
8月6日だけを「特別な日」にしてはいけない。広島の24歳が伝えたいこと