加計学園の獣医学部新設、判断を保留へ 文科省審議会

投稿日: 更新:
DEFAULT
加計学園の獣医学部新設をめぐり、文部科学省内でやりとりされたメールの写しとされる文書。 | 時事通信社
印刷

加計学園の獣医学部新設、判断保留へ 文科省審議会

 大学や学部の新設の可否を審査する文部科学省の「大学設置・学校法人審議会」は9日、学校法人「加計学園」が求めていた来年4月からの獣医学部の新設について、当面、判断を保留する方針を固めた。学園が審議会に出していた教育内容の一部に不十分な点があると判断したとみられる。

 加計学園の獣医学部の新設については、今月下旬にも判断が示される方向で審議会の議論が進んでいた。関係者によると、これまでの審議で「高齢の教員が多い」「授業や実習で使う設備が不足しているのではないか」といった指摘が出ていたという。

 加計学園は今後、審議会に改善案を出すとみられ、改めて4月からの獣医学部新設を求めるとみられる。

(朝日新聞デジタル 2017年08月10日 00時30分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)

訂正箇所を連絡