NEWS

ある男性が妻への想いつづった投稿。インスタで賞賛され、ツイッターは荒れた

2017年08月14日 18時48分 JST | 更新 2017年08月14日 18時50分 JST

ロビー・トリップさんがSNSに投稿した写真が話題を呼んでいる。

妻と抱き合う幸せそうな写真を、妻への想いを添えて投稿すると、多くのコメントが寄せられた。

ところが面白いことに、InstagramとTwitterでは読者の捉え方が違ったようだ。同じSNSなのに、寄せられた反応は正反対だった。

|| I love this woman and her curvy body. As a teenager, I was often teased by my friends for my attraction to girls on the thicker side, ones who were shorter and curvier, girls that the average (basic) bro might refer to as "chubby" or even "fat." Then, as I became a man and started to educate myself on issues such as feminism and how the media marginalizes women by portraying a very narrow and very specific standard of beauty (thin, tall, lean) I realized how many men have bought into that lie. For me, there is nothing sexier than this woman right here: thick thighs, big booty, cute little side roll, etc. Her shape and size won't be the one featured on the cover of Cosmopolitan but it's the one featured in my life and in my heart. There's nothing sexier to me than a woman who is both curvy and confident; this gorgeous girl I married fills out every inch of her jeans and is still the most beautiful one in the room. Guys, rethink what society has told you that you should desire. A real woman is not a porn star or a bikini mannequin or a movie character. She's real. She has beautiful stretch marks on her hips and cute little dimples on her booty. Girls, don't ever fool yourself by thinking you have to fit a certain mold to be loved and appreciated. There is a guy out there who is going to celebrate you for exactly who you are, someone who will love you like I love my Sarah. || photo cred: @kaileehjudd

ROBBIE TRIPP™さん(@tripp)がシェアした投稿 -

ロビーさんが投稿した主な内容は、次の通り。

「僕は、この女性と彼女のぼっちゃり体型を愛している」

「僕にとっては、彼女ほどセクシーな人はいない。ぽっちゃりした太もも、大きいお尻、そして可愛いわき腹…。彼女の体型とサイズはコスモポリタンの表紙にはならないかもしれないけど、僕の人生とハートの表紙を飾っている」

「男性の皆さん、社会があなたにどういう女性を求めるべきか伝えたことを考え直してみてほしい。本当の女性は、AV女優でも、ビキニを着るマネキンでも、映画の登場人物でもない」

「女性の皆さん、愛され承認されるために型にはまらなければいけないと考えてはダメだ。僕がサラを愛するように君のありのままの姿で愛してくれる人が必ず現れるはずだから」

この投稿は多くの人に勇気を与え、「素晴らしい投稿!」「本当に可愛らしい夫婦!祝福を!」と賞賛するコメントが多数届いた。そして現在、3万8000以上の「いいね!」がついている。ハフポストアメリカ版は、「この投稿は必ず読むべき」と紹介した。

アメリカでは、人と比較するのではなく、ありのままの体型を受け入れる「ボディポジティブ」ムーブメントが流行している。メディアやファッション業界が推し進めてきた「痩せていて、背の高い」体型のみを賞賛するのではなく、どんな身体でも美しいとメッセージを発信している。

ぽっちゃり体型の「プラスサイズモデル」がビキニモデルに起用される動きもある。

ロビーさんの投稿も、「ボディポジティブ」の考え方を賞賛するメッセージとしてInstagramでは好意的に受け止められた。

しかしTwitter上では、ロビーさんの考え方は好意的に捉えられず、批判のコメントが殺到した。

“フェミニスト”男性の中で、一番嫌いなタイプは『ぽっちゃり女性を愛することを革命的だと考える人』

(ぽっちゃり体型の)私と付き合う勇敢さで自分を誇りに思う男性なんてまっぴら!

ワシントンポストは、これらの批判的な反応をこう分析した

① 「ぽっちゃり」体型の女性と付き合うことは、特別な事ではないにもかかわらず、ロビーさんの投稿は特別扱いをしてしまった。

② ①のせいで、妻を愛するロビーさんを勇敢、目覚ましい、完璧な男性と賞賛するのは、少し違和感がある。

③ 「本当の女性(=AV女優でも、ビキニを着るマネキンでも、映画の登場人物でもない)」についての説明と男性や女性に対するアドバイスは女性や「ボディポジティブ」に対してロビーさんが思うほど、役立っていない。

多くの批判が寄せられたことに対して、ロビーさんは、セレブニュースを扱うメディア「People Now」の取材でこのように答えている。

「結果的にこの投稿を批判している人は、妻を愛する男性を批判していることになる。そして、彼が魅力的とする彼の美しい妻を賞賛する男性を批判していることになる」

InstagramとTwitter−−。

多くの人が利用する2つのSNSに寄せられた、一つの投稿に対する反応は、全く異なるものだった。

体型や見た目のコンプレックスに対して、「ありのままでいい」というメッセージを示されたことに対する人々の複雑な感情を表しているのかもしれない。

ladiesbeopen

ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp