ライフスタイル

「アンチ・エイジング」やめます。女性は年齢を重ねても美しいから。女性誌が宣言

2017年08月15日 23時27分 JST

加齢は誰もが経験する自然な変化。しかし多くの社会では「若さを保つ秘訣」「老化は敵」といった、加齢は良くないという考えが浸透している。

アメリカの女性雑誌「Allure(アルーア)」は、この「若い=美しい、加齢=下り坂」というトレンドに終止符を打つために、「アンチ・エイジング」という言葉を使うのを止めると宣言した。

アルーア9月号の表紙。「アンチ・エイジングの終わり」と書かれている。

同雑誌のミシェル・リー編集長は、アンチ・エイジングという言葉に別れを告げた背景をこう説明する。

「加齢についての考え方を変えるための最初の一歩は、加齢についての語り方を変えることです」

「そのために、私たちは今月号から『アンチ・エイジング』という言葉を使わないことに決めました」

「私たちは、『加齢とは、闘わなければいけないもの』というメッセージを密かに助長しています。抗不安薬やアンチウイルス・ソフトウェアや、防カビスプレーのように」

「言葉には力があります。たとえば40歳の女性がいたとしましょう。私たちはついこう言ってしまうのではないでしょうか。『彼女とても素敵だね。40歳には見えない』『彼女、中年の女性にしてはとても美しいね』。これからは、こう言ってみてはどうでしょう。『彼女、とても美しくて魅力的な人だね』」

リー氏は「年齢を重ねるということは、新しい日を迎え人生を楽しむ機会が増えるチャンスが増えるということ」と言いながらも、加齢が必ずしも素晴らしいことばかりでもないとも認めている。

ただ、若くなければ美しくない、人生にはピークがあってそこを過ぎれば後は転がり落ちるだけという考え方を止めたい、だからアンチ・エイジングという言葉は使わないと訴える。

脱アンチ・エイジングを宣言した9月号でアルーアがインタビューしたのは、アカデミー賞やエミー賞などを授賞し、数々の功績を残してきた女優のヘレン・ミレンだ。



現在72歳のミレン。インタビューではフェミニストや女優としての自身の生き方だけでなく、アンチ・エイジングについての自分の考えについて語っている。

「私は(ロレアルのキャンペーンモデルに起用された時)、アンチ・エイジングについてこう言ったんです。『私たちは歳をとります。だけど年齢に関係なく、毎日素敵な人間として、素晴らしい人生を送りたい』」



InstagramやTwitterなどのソーシャルメディアには、アルーアの脱アンチ宣言に賛同するコメントが投稿されている。

「私たち、アンチ・エイジングという馬鹿げた考えにつくづく嫌気がさしている。ミレンはパーフェクトでカッコ良くてゴージャスで知的で才能にあふれている」

「年齢を重ねた女性が、絶望的な気持ちにならなきゃいけないなんておかしい。恥ずかしいことだ」

「若くなければ美しくない」という考え方は、私たちにネガティブな気持ちにさせたり、若くなければいけないというプレッシャーを与えたりしかねない。

「痩せていなければ美しくない」という考えに対しては、どんな体型も美しいというメッセージを伝える「ボディ・ポジティブ」というムーヴメントが起きてきた。

加齢についても、美しさと年齢は関係ないと伝える「エイジ・ポジティブ」といういう考え方が広がるのだろうか。アルーアが今回踏み出した一歩がどうなるのか、今後が注目だ。

▼しわを愛する女性たち(画像集)▼

しわを愛する女性たち


※画像集が表示されない場合は→こちら

ladiesbeopen
ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。
女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp

Add Comment