ライフスタイル

星野源「同性同士の家族、どんどん増えていく」 新曲に込めた家族観、Mステでさらっと語る

2017年08月18日 23時47分 JST | 更新 2017年08月18日 23時49分 JST
http://www.hoshinogen.com/special/familysong/

歌手・俳優の星野源が8月18日、テレビ朝日の「ミュージックステーション」に出演し、大ヒット曲「恋」以来、10カ月ぶりとなる新曲「Family Song」を初披露した。星野は、司会・タモリとのトークで、「両親が同性同士の家族だったりっていうのも、これからどんどん増えてくると思う」などと新曲に込めた家族観を語った。

「Family Song」は、「家族」をテーマにした新曲。日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』の主題歌で、7月31日にYoutubeで公開されると反響を呼び、8月20日時点で670万回再生を超えている。

タモリに「今回の曲は家族がテーマなんだよね」と聞かれた星野は、「そうなんです。楽曲は、楽曲は60年代末~70年代初めのソウルミュージックをモチーフにしているんですけど、歌詞を昔というよりも今の家族にしたいなと思ってたんですよ」などと、自身の家族観について以下のように語った。

「家族って、漠然と血の繋がりだと思ってたんですけど、よく考えたら夫婦って、血つながってないじゃないですか? だから血のつながりとか関係ないな思って」

「例えば、友達や仕事仲間も”ファミリー”って言ったりするじゃないですか。広い意味で、これからの時代に向けての”ファミリー”なんです。あと例えば、両親が同性同士の家族だったりっていうのも、これからどんどん増えてくると思うんですよね。そういう家族も含めた、懐の大きい曲を作りたいな思って作りました」

「Family Song」の歌詞には、「血の色 形も違うけれど」というフレーズがある。

ただ 幸せが
一日でも多く
側にありますように

(中略)

出会いに意味などないけれど
血の色 形も違うけれど
いつまでも側にいることが
できたらいいだろうな

星野が、ミュージックステーションで同性カップルの家族に言及したことについて、Twitter上には、「素晴らしい」「よくぞ言ってくれた」「すごく嬉しい」などの声が上がった。


■関連画像集「星野源」

星野源画像集

(※スライドショーが開かない場合は、こちらへ)

【関連記事】

星野源が女装を公開、あの人みたい? NHK冠番組『おげんさんといっしょ』で生放送

gen hoshino