NEWS

松本人志、フジテレビに怒り 上原多香子の話題カットに「触れないと恥ずかしい」

2017年08月20日 00時28分 JST
時事通信社

ダウンタウンの松本人志が8月20日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、自身のTwitterで15日に「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」と投稿したことについて、真意を説明した。

松本のツイートは次のもの。Twitterユーザーからはどの番組の何の話題についてなのか憶測を呼んでいた。

「ワイドナショー」はこの日、松本が指摘しているのは同番組で、「カット」されたのが「女性セブン」に報じられた「SPEED」上原多香子の不倫疑惑だったと明かした。

前週13日放送の同番組は、「雨上がり決死隊」の宮迫博之の女性2人との不倫騒動について大々的に取り上げた。これについて松本は「宮迫の不倫問題よりも、ネットなど世の中的には上原多香子のニュースの方が興味が全然あるわけですよ。それをワイドナショーで扱うのはナシにしてほしい的なことを言うてくるわけですよ。なんでや、俺、そういうの嫌やから、触れようやと。触れないと恥ずかしいで、ワイドナショーってそういう番組で俺はありたいと思う」とフジテレビ側とやりとりしたことを明かした。

結局、局側と相談した上で、「そんなに当たり障りのない」内容の発言をした。しかし、その数秒の内容についても、放送ギリギリ前に「カットしていいですか」と言われた。松本は「いやいやいやいや、何で何で」と受け止めたといい、次のように振り返った。

最終的に、えっ何でなん?って言ったら、今回の上原さんの件は、フジテレビでは扱わないということになりました。何じゃそらでしょ。何日後かに(同局の)『とくダネ!』でやっていた。さらに、何じゃそりゃ、でしょ、ていうことがあって、このつぶやきになった。

この日ゲスト出演したヒロミからは「V(TR)だけ流してコメントをしないとか、作戦あるじゃん」など、テレビ局が扱いにくい話題の時の対処方法も提示された。しかし、松本は「そういうことから逃げないワイドナショーやと(視聴者には)思ってほしい」などと、次のように訴えた。

僕はやっぱり、この番組はそうじゃないように行きたいし、この番組のファンの人っていうのは、そういうことから逃げないワイドナショーやと思ってほしいし、そうしてきたと思うんですよ。そこは貫かないと、なんか絶対損だし、それはこの番組にとっても良くないし、フジテレビにとっても良くないですよ。僕はフジテレビを愛すがゆえに言ってるのに、何故かフジテレビ側から若干、足を引っ張られるという、この不可解な、こういうのは本当にやめてもらいたいなと。

さらに松本は「フジテレビにとってマイナスなニュースもやっぱりやっていかなあかんと思うし、よしもとの不手際のニュースでもやっぱりやっていかなアカンし、もちろん自分になんかあった時は、逃げずにコメントしないといけない」と続けた。また、「扱って行かないと、テレビがどんどん時代遅れになっていく、ネットの方が伝えていて、テレビが全然伝えていない状況になる」と見解を示した。

ただし最後に松本は、「一番言いたいのは、フジテレビさんこれからもよろしくお願いします」と話し、出演者らの笑いを誘っていた。


▼画像集が開きます▼

2017年、話題の人・もの

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

関連記事 松本人志、憲法改正に前向きコメント ワイドナショーで「安倍政権のやること全部が間違いではない」
松本人志、ワイドナショー「今度あったら降ります」 宮崎駿監督の引退発言"誤報"問題