NEWS

性暴力から女性ファンを守るためコンサートを中断、メタルバンドに賞賛の声

2017年08月20日 15時01分 JST | 更新 2017年08月20日 15時02分 JST
Twitter/3FM

私たちはもっと大きな声をあげられるだろうか?

メタルバンド「アーキテクト」のメインボーカルであるサム・カーターは、ある女性ファンを痴漢から守るためにショーを中断したことでヒーローとして賞賛されている。

8月18日の夜、アーキテクトはオランダのビッディングハイゼンで開催されたローランド・フェスティバルで演奏をしていた。カーターはそこで性暴力を目撃したという。

コンサート中、カーターは話し始めた。「俺は、クラウド・サーフィン(群衆の頭上を泳ぐように移動する行為)している女性の様子を見た。指摘するつもりはなかったけど、その時、お前は彼女の胸を掴んだだろう、クソが」。「俺は見たぞ。最悪だ。そんなクソったれが存在していい場所なんてないぞ」

オランダの公営ラジオチャンネルNPO 3FMが、カーターがそう話すコンサートの動画をTwitterに投稿すると、瞬く間に広まった。

「彼女の体はお前の体ではない」と、カーターは続けた。「お前の体じゃないんだ。人の体を掴んではいけない。俺のショーでは」

コンサート中のクラウド・サーフィンでは、ファンたちがこのような性暴力に遭いやすい。

女性ラッパーのイギー・アゼリアは、2014年にこのことを指摘し、男性たちが自分の体を「指で触ろうとする」おそれがあることから、自分のショーでクラウド・サーフィンをするのを止めた。

カーターは18日のコンサートで、最初は「自分が性暴力について何か言うべきかどうか迷った」と話した。しかし彼は声に出して言うことに決めた。観客たちは、ファンの女性を守ろうとするカーターの熱い心に声援を送った。

彼はファンに対して、性暴力を続けたい人はショーから出ていくように、と促してスピーチを締めくくった。

SNSに動画が投稿された後、アーキテクトのファンも彼らの音楽を聴いたことのない人も、カーターへの感謝の気持ちをシェアした。

カーターは自分のアカウント上で動画をツイートし、自分のスタンスを強調した。「どんなショーでも、このような性暴力は許されない」。

▼性暴力の被害者たち画像集▼

40人の性的暴力の被害者たち

※表示されない場合はこちらへ。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png