NEWS

バルセロナの街はテロに屈しない。「ビバ・エスパーニャ!」「私は恐れない!」黙祷の後で人々は叫んだ(ルポ)

2017年08月20日 19時00分 JST | 更新 2017年08月20日 22時23分 JST

初めのうち、シュプレヒコールは静かだった。

何千人もの群衆の中で、叫び始めたのは、たった1人か2人だった。しかし、1人の声はまもなく何人もの声となって、バルセロナの中心にあるカタルーニャ広場を囲む建物の周囲に響きわたった。

それは8月18日、テロの犠牲者を悼む1分間の黙祷が、活力に満ち溢れた抵抗へと変わった時のこと。「Viva! Espana!」(スペイン万歳!)と彼らは叫んだ。「No tinc por」つまり、「私は恐れない」とも。

そこからほんの数メートル離れたところでは、8月17日にランブラス通りで起こったテロで死亡した人々を悼むため、多くの花やカード、ぬいぐるみが捧げ続けられている。このテロは13人の命を奪い、100人以上がけがをした。

そのエネルギーは、街の強さを象徴していた。この街は、テロの影響を受けた、他の多くの街に倣うことを拒否している。「バルセロナは最高に平和な街なんです」。住民の1人はハフポストUK版に語った。

しかし悲しいことに、スペインはそう遠くない過去に、テロを経験している。

2004年のマドリード列車爆破テロ事件は、ヨーロッパで最も甚大な被害をもたらした。また、バスク分離独立主義者グループETA(ユースカーディ・タ・アスカタスナ)によるテロでは、過去10年間で5人が死亡し、それ以前の数十年では何百人もが亡くなっていることは言うまでもない。

テロにより、今や地域全体が動揺している。2番目の車は、17日の夜遅くにバルセロナの南方97kmにあるカンブリスの歩行者専用道を走り、1人を殺害した。テロの容疑者と疑われる5人は警官に撃たれて死亡。この事件は現在、ランブラス通りの事件と関連があると考えられている。

「不幸にも、スペイン人はテロによる不合理で理不尽な痛みを知っている。私たちは近年、このような衝撃を受けてきたが、テロリストを打ち負かすことができることもわかっている」。スペインの首相マリアーノ・ラホイは語った。

しかし、多くの人々が「忘れない」と言うのは、事件翌日の18日に何千人もの人々が団結した光景だ。

「これは、私たちがこのテロに立ち向かうことを示す、1つの方法です」。イベントの前に広場の長い列で待っていた、バルセロナ生まれのエステル氏は、ハフポストに語った。

また、イギリス人観光客のデビッド・キベル氏は、「あの広場には大勢の人々がいたに違いありません。しかし、18日のセレモニーを目の当たりにして恐怖が和らぎました」と語った。「今は、滞在を続けようと思います」

「人々が団結している様子と『私たちは恐れない』というシュプレヒコールが、最も感動する部分だった」と、アメリカ・テネシー州からの旅行者、カット・カンツ氏はハフポストに語った。彼はほんの何時間か前にテロがあった場所の近くに立っていた。

「私たちはみんなとてもショックを受け、不安になり、もちろん悲しくなりましたが、ある種の怒りも感じました」と、バルセロナに住むアメリカ人ダイアナ・ダニエルズは語った。

彼女は街中の上階にあるオフィスから、テロ直後の状況を見ていたという。「でも、私たちは立ち上がって、続けなくてはいけません。今日は新しい日です。テロを起こす人々は、私たちに恐怖の中で生活して欲しいと考えているでしょう、しかし、私たちは恐れません」。

18日に集まった群衆が、お互いに強さを引き出していたのは明らかだ。しかし、人々が神経を尖らせる出来事もあった。落下したスーツケースのドタンという音や、通り過ぎる車。それら、様々な刺激をもたらす急な出来事のたびに、彼らは危険を察知しようと警戒した。

ランチタイムの追悼には、スペイン王フェリペ4世、首相のラホイ氏、その他指導者たちも参加した。しかし、政治を持ち込もうという試みはきっぱりと拒絶された。スペインの旗を振っていた男性は、セレモニーの間「今は政治の時ではない」とほのめかすシュプレヒコールの中、付き添われて広場を去った。

感情的なものが、ランブラス通りでワゴン車が止まった、まさにその場所で高まっていた。

しかし、バルセロナでの会話は、少なくともバーの地元の人々やタクシーの運転手の間では、前を向くものだった。

そして、そうするだけの何百万もの理由がある。2016年、この海辺の街には、およそ1100万人の観光客が集まった。海辺は、若いスペイン人や外国人を惹きつける。クルージングのできる港は毎日、年配の観光客のグループを迎えている。

28才のオーストラリア人、マット・フォーモサ氏は、テロの後、この街に起きた変化はごく小さい、とハフポストに語った。「私はここに1週間いますが、今朝は少し静かだと思います」と彼はバルセロナで自転車に座って話した。「テロのせいで立ち止まるつもりはありません。そんなことをしたら、何もしないのと同じだ」

一方、ロンドンから、バルセロナのエル・プラット空港へ向かう朝一番のフライトを待っている人々は、テロのレポートや写真が掲載された新聞を堂々と読んでいた。「テロを理由に延期はしません」。ある乗客は平然と言った。

そして、観光業に携わる人々の態度には、バルセロナ特有の抵抗の方法が明らかに浮かんでいた。

人通りの多いランブラス通りでのテロによって、被害を受けた露店の店主の中には、事件翌日もいつも通り店を開ける人もいた。「私たちは店を開けます。もちろんです」。ある露店の接客係はハフポストに語った。「でも、3時には店を閉めますけど」。

18日が終わりに近づく頃、店、レストラン、バー、ホテルの商売は、大繁盛していた。街の空気は素早く、かつ同時にゆっくりと通常に戻っている。「もちろん、私たちは先に進まなくてはいけません」とダニエルズ氏は簡潔に言った。「そうしなければ、彼らが勝つのですから」

ハフポストUK版に掲載された記事を翻訳しました。

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png