NEWS

「許されない差別」クビになった店員がレシートに記した言葉とは?

覚えておこう:レシートは、人種差別主義者が自分の気持ちを表現していい場所ではない。

2017年08月23日 16時52分 JST | 更新 2017年08月23日 17時37分 JST

Ziggy ChauさんFacebook
投稿されたレシート写真

アジア人のお客さんを「Ching Chong(チン・チョン)」という人種差別用語で呼んだニューヨークのレストランが、ソーシャルメディア上で痛烈に批判された...。

ことの発端は8月16日に、あるアジア女性がレストラン「コーナーストーンカフェ」に行き、持ち帰り用にステーキと卵を注文したことからはじまった。

支払いの後にレシートを見ると「お客さんの名前」欄に「Ching Chong(チン・チョン)」というアジア人に対する差別的な俗称が使われていた。「Rubi」という店員が書いたものだった。

「Ching Chong」とは欧米人がアジア人を馬鹿にして呼ぶ差別用語だ。中国語のわからない欧米人にとって中国人の会話が「チョンチョンチョン...」と聞こえることに由来している。

女性がこの攻撃的なレシートを娘に見せたところ、娘が今度はFacebook上で友達にシェアした。この友達の中にいたZiggy Chauさんの投稿が一気にバズった。

この投稿に目を留めて、コメントを残してくれたりソーシャルメディアに共有してくれたりした皆さん、本当にありがとう。 このような人種差別は絶対に許しちゃいけない、と怒りの声をあげ、立ち向かってくれた皆さん(特にアジア人の皆さん)に感謝したいです。
これは、ニューヨークという大都会で、こんなに身近な、私の友達のお母さんに起きたことです。 公式な謝罪があるまで、このレストランをボイコットしましょう。 Ziggy ChauさんのFacebookより

Chauさんは、このレストランのボイコットをみんなに呼びかけ、直接このレストランに人種差別主義者の従業員がいると伝えてやりましょう、 と提案していた。

そしてその後、投稿にコメントを付け加えた。

人種差別はこの世界のどんな場所でも起きてはならない。 あなたの周りの人たちだけじゃなくて、(差別に苦しむ)みんなにのために声をあげよう。 このページをぜひソーシャルメディアでシェアしてくれませんか? 政治的になりたくはないけれど、アメリカで今起きていることに光を当てようと思う。 私たちの大統領は、堂々と人種差別主義者であると表明することを"アリ"としているような人だからなおさら...。

彼女の呼びかけによって、おでかけ先評価サイト「Yelp.com」では、このレストランに対するたくさんの辛辣な評価が集まった。

Chauさんはその後、前述のFacebook投稿を更新し、彼女自らがレストランにコンタクトをとったことを報告した。

レストランのマネージャーのRoccoさんに状況を説明しました。 彼は「そのお客さんの名前は」と聞いてきたので、私は答えてやりましたよ。「レシートにはChing Chongというアジア人への差別用語が名前として記されていましたよ」と。
彼は「多分店員が名前を聞き間違えたのだろう」と言い訳をしてきたので、私は「レシートはソーシャルメディアで拡散されまくっているので、あなたには何らかの見解を示す責任がありますよ」と伝えました。
私は彼に、レストランが運営しているソーシャルメディア上で正式な謝罪文を出すように依頼しました。世間の反応を見ましょうよと。

NBCによるとこの日、レストランのマネージャーはFacebookページに正式な謝罪を出したという。

私は今、この許されない行為で問題になった従業員をクビにせざるを得ない。 この従業員の行動は、もちろん、他のレストランスタッフの意見を反映したものではありません。 ただ、彼個人の愚かしさによるものと考えています。レストラン「コーナーストーンカフェ」のマネージャー

その後、このFacebookアカウントは削除された。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。