ライフスタイル

「鏡を見て自分に聞いて」超低カロリー食だったモデル、2枚の写真で伝える

「苦悩しているすべての女性のために」

2017年08月26日 12時49分 JST | 更新 2017年09月08日 00時03分 JST

モデル業界のホラーとしてはありふれた話だが、新しいストーリーが出てくるたびに、それはもっと健康で、よりインクルーシブ(包括的)な環境へと変化を促す大きな機会となる。それはまた、別の勇気ある女性が体験を共有するきっかけにもなるのだ。

インド在住のモデル、リザ・ゴールデン・ボジャーニーさんは、2016年に仕事に復帰した。彼女は最近、自分自身の写真を2枚並べた痛ましい画像をInstagramに投稿した。ひとつは、2012年の彼女の初めてのファッションウィークの時のもの。そして、もうひとつはその日撮ったものだ。

A little flashback Friday action for you. This caption will be long and won't fit, so if you'd like to read please find the rest in the comment section....The left side was me at the start of the peak of my career. My first proper fashion week where I was actually the size I needed to be. I was booking amazing shows that one never thinks they actually could, walking with girls who I once looked up to, it was a serious adrenaline rush...but after fainting one night in my apt whilst preparing one of my very low cal meals (I think it was 20 pieces of steamed edamame if I remember correctly), I called it quits with the diet and workout regime I was put on and decided I could do it on my own. I thought to myself, I can still be this thin, but I'll just eat a little more so I don't feel so horrible. Well, eating a little more turned into eating nearly a bag full of almonds, which then turned into eating full size meals, which then turned into a full blown binge. I was craving every single food you could imagine and I was giving in to every craving even though I knew this was such an important time in my career. I made it through NYFW okay, no one had noticed any weight gain, but by the time I had gotten the LFW I could see the pounds starting to show both in the mirror and on the measuring tape, but I kept quiet obviously not wanting to sabotage myself. I found myself going to the grocery store and picking up raw vegetables to try and make up for the near two week binge I had in NY, but I didn't see any weight coming off no matter how "healthy" I was eating and no matter how many workouts I fit in. MFW came and I knew I was bigger and by bigger I mean a 35.5in hip rather than the 34.5in hip I started with in NY, I played it cool and just pretended everything was normal. I did end up booking shows, Dolce & Gabbana being one of them. Which I afterwards received online criticism about my thighs looking fat...Anyways PFW came about, and I found it impossible to resist those chocolate croissants 🙊 I went on many a casting with one exclusive option being on my schedule, but after meeting the client I knew the reason for me not nailing the gig, my size...

Liza Golden-Bhojwaniさん(@lizagoldenreal)がシェアした投稿 -

このキャプションは長くて収まりきらないから、読みたい人はコメント欄で残りを読んでね...。左側はキャリアのピークを迎えた最初の頃の私。実際、こうでなければならないサイズで最初の正式なファッションウィークを迎えました。本当にできるなんて思いもしなかった素晴らしいショーで、尊敬してきた女の子たちと一緒に歩き、すごいアドレナリンの洪水だった...。

でもある夜、アパートで超低カロリー食(記憶がたしかなら、20粒の蒸し枝豆だったと思う)を準備しているときに気を失った後、決められたダイエットと運動制度を止めることにして、自分でやれると決めた。私は自分に言い聞かせた。同じくらい痩せていられる。でもこんなに惨めな思いをしないように、もうちょっとだけ食べよう。それでちょっとだけ食べるのが、ほとんど一袋のアーモンドを食べることになり、そして一食分の食事をするのに変わり、それから本格的なドカ食いになった。

私は思いつく限りあらゆる食べものを切望し、私のキャリアにとって大切な時期だとわかっていながら、あらゆる切望に負けた。NYファッションウィークまでなんとかこなして、誰も私の体重が増えたことに気づかなかったけど、ロンドンファッションウィークのときには増えた体重が、鏡や体重計の両方に表れているとわかった。

でも私は(決意した)自分を邪魔したくなくて、もちろん静かにしていた。スーパーマーケットに行って生野菜を買い、NYでの2週間にわたるドカ食いの埋め合わせをしようとしたけれど、どれだけ「健康的」に食べていようと、どれだけ運動をしようと、まったく体重が落ちることはなかった。

ミラノファッションウィークが来て、私は自分が大きくなったのがわかった。大きくなったというのは、つまり、NYの時の34.5インチのヒップじゃなくて、35.5インチのヒップ。私はクールに装って何事も普通のようなふりをした。結局、ショーも出演できた。ドルチェ&ガッバーナがそのひとつだった。それは後で、太ももが肥りすぎて見えるとオンラインで批判を受けた...。

とにかくパリコレクションが近づき、私はチョコレートのクロワッサンを我慢しきれなくなったのに気づいた。私は決まっていたものをのぞいて、数多くのキャスティングに出席した。けれど、クライアントに会った後にショーが決まらない理由はわかっていた。それは私のサイズ...

.........

添えられた長々しいキャプションの中で、彼女は左側の写真の彼女のサイズについて、彼女がランウェイの仕事を予約するために「そうでなければならなかった」サイズと、胸が張り裂けような口調で言及した。

ボジャーニーは、一連のショーの間に彼女が直面した苦悩を解き明かした。彼女は20粒の蒸し枝豆を食事として食べ、同じ月の間に34.5インチから36.5インチのヒップサイズになるまでドカ食いをした。

彼女はロンドンからミラノ、そしてパリへと旅するにつれ、ショーのオファーがだんだんと減ったと説明した。「ショーが決まらない理由はわかっていた。それは私のサイズ」と、彼女は書いている。

I just wanted to put this out there... if you see me hashtag #unretouched on a photo, I truly mean it is not retouched at all. My husband shoots with me an i7plus or a Canon G9x in my personal pics...I have been modelling for 10 years and counting, so I know how to pose, angle my body, and I know what light works. All it really takes is good lighting to get a pretty amazing photo even with an iPhone! I have no reason to lie about photoshopping, I am constantly photoshopped in most of my photos because I am a model and at the end of the day whatever the client wants is what they get...On another note, for those of you who are constantly telling me to exercise save your breath! For the 20th time, I work out 5 times a week with a personal trainer, I have toned my stomach/bum up a lot in the past few weeks, clearly enough to make some of you think I'm sitting around photoshopping my candid insta pics. If you're looking for a size 0 model, unfollow me, get off my page, and follow someone else. That's not me, and never will be me again. I am the healthiest and strongest I have ever been. And that is all I care about. Before you open your mouth to comment on someone else's physical appearance on social media, look in the mirror and ask yourself "Do I love myself?". If you truly love yourself, you would never publicly abuse another human being with harsh words and comments. Freedom of speech does not mean you should feel free to abuse people. Spread love, not hate. #loveyourself #unretouched #naturallight #thisisme #effyourbeautystandards #shineon #bodypositive #lovetheskinyourein Photo credit: @thirdeyejedi 💫🌟🌞

Liza Golden-Bhojwaniさん(@lizagoldenreal)がシェアした投稿 -

ただこれを書いておきたかったの...もし私が写真に #unretouched と書いたら、それは本当に全く画像を修正していないという意味。私の夫はプライベートの写真ではiPhone7かCanonのカメラで私の写真を撮っている...私は10年間モデルをしてきて、今でも続けているから、ポーズの取り方や体の角度のつけ方も知っているし、どんな照明が良いのかもわかる。すてきな写真を撮るために本当に必要なのは良い照明(iPhoneの写真だって)!

私にはPhotoshop加工について嘘をつく理由はないし、モデルだからほとんどの写真で絶えず画像修正されているし、最終的にはクライアントは欲しいものを何でも手にする...。それとは別に、私にいつも運動しろと言うあなた、それ以上は言わなくていい!

今度こそ私は週5回パーソナルトレーナーと一緒に運動し、今までの数週間で、何人かの人にはIntagramの写真を加工してると思わせるのに十分なほどお腹やお尻をうんと引き締めた。サイズ0のモデルを探しているなら私をフォローしないで、私のページから出てって、他の人をフォローして。

それは私じゃないし、私は決してまたそうなることはない。私は今までで一番健康的で一番強い。それしか気にしない。SNSで誰かの身体や外見についてコメントする前に、鏡を見て自分に聞いてみなさい。「私は自分を愛している?」と。

もし本当に自分を愛しているなら、公共の場で、他の人を残酷なコメントで非難したりはしない。表現の自由とは、気軽に他人を虐げられるという意味ではない。憎しみではなく、愛を広めなさい。

.........

2014年、彼女はモデルの仕事に復帰すると決心し、運動と持続可能なダイエットを通して、健康的なやり方で体型を取り戻した。しかし、彼女が人生で今までなかったほど健康的だと主張しても、それは下着ブランドのビクトリアズシークレットや他のブランドの好みではなかった。

流れが変わったのは、インドに旅行した時だったとボジャーニーは説明した。彼女は現在の夫と出会い、荷物をまとめてインドに移住した。今、彼女は健康的な見た目でいるだけではなく、自分自身の体とまったく異なる関係を結んでいる。

Hubba, Hubba. Me and my love enjoying our 1 year anniversary with loved ones under the Goan sun ☀️ Thank you to everyone who came and shared the love with us!! #goldenjedi #onlyfoolsrushin #goldenjediforever #Repost @thirdeyejedi ・・・ 2 peas in a pod now and forever. How I love and adore this gorgeous monkey on my back and can't wait for many more years of floating bliss together ❤️✨🌊☀️🌴 This pic was taken at our one year anniversary pool party that we had in Goa this past weekend and have just about recovered from. Thank you to all who came, floated and shared the love ❤ #goldenjediforever #moonriver #floatingaway #homeiswherethepoolis #goa #inittowinit #onlyfoolsrushin #goldenjedi #goaloveforever

Liza Golden-Bhojwaniさん(@lizagoldenreal)がシェアした投稿 -

ハバ、ハバ。ゴアの太陽の下、愛する人たちと一周年記念を祝う私と私の愛する人 ☀️ 愛を分かち合ってくれた人たち皆にありがとう!!永遠に一つのさやの豆二つ。私の背中に乗ったゴージャスなお猿さんをどんなに愛しているか! この先何年も一緒に過ごす至福を待ち切れない ❤️✨🌊☀️🌴愛を分かち合ってくれた皆にありがとう ❤

.........

ボジャーニーは今、運動して、罪悪感を感じることなく好きなものを食べ、それを自分のためにやっていると書いた。「もしかしたら私は雑誌の表紙を飾ったり、大きくて有名なブランドの撮影に出たりする運命ではなかったのかもしれない。でも私にも伝えられることがある」と書いた。

「幸せになり、充実感を感じる資格がある。私たちはみんなそう。私は、苦悩しているすべての女性のためにストーリーを共有して、身体を愛するメッセージを広める運命だったのかもしれない」

彼女の正直さやストーリー、そして自己愛の言葉から、私たちも学べることがあるだろう。

​​​​​​​ ladiesbeopen

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp