NEWS

壇蜜さん、「性的だ」と炎上・公開停止された宮城県PR動画に 「アクセス数にあぐらをかいてはいけない」

村井知事は、「これ(PR動画)もお客さんを呼び込む役割を果たした」と語ったが、対照的に反省を口にした壇蜜さん。

2017年08月27日 13時47分 JST | 更新 2017年08月27日 18時41分 JST
仙台・宮城【伊達な旅夏キャンペーン2017】

宮城県のPR動画が「卑猥だ」などの批判を受けて公開終了となった問題で、出演していたタレントの壇蜜さんが8月27日、TBS系「サンデー・ジャポン」で心境を語った。壇蜜さんは「アクセス数の上にあぐらをかいてはいけない」などと自身の考えを語った。

壇蜜さんはこのニュースへの見解を問われると「(動画が)一定の役割を果たし、タレントとして私の役目はとりあえず終了した」と話した。

一方で、「決してアクセス数の上にあぐらをかいてはいけない。批判があったことは、私も県知事も制作担当の方も受け入れないといけない。『話題になってよかった』『460万回再生されたから、集客伸びたから結果オーライ』ということを私たちが主張するのは、絶対にいけない」と、宮城県の村井嘉浩知事とは対照的な意見を慎重に語った。

村井知事は「(動画も)お客さんを呼び込む役割を果たした」

宮城県の村井知事は、動画の公開終了を発表した8月21日の記者会見でこの動画も含めた総合的な対策により、7月〜9月の来県者数が「前年比100%以上、多いところでは150%ぐらい」増えたことから「これ(PR動画)もお客さんを呼び込む役割を果たしたことには間違いないだろう」としていた。

一方で、「色々あったからやめるというわけではありませんけれども、やはりそういう声にもきちんと耳を傾けなければいけない」「そういった(不快な)思いを持っている方がおられる以上は、そちらに対する配慮も必要だと判断したということは事実」と話していた。

どんな動画だったのか?

問題となっている動画は宮城県や仙台市、JR東日本などが参加する「仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会」による観光キャンペーン動画で、「仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2017」の一環として制作された。7月5日からYouTube上にアップされ、その動画が観光キャンペーンのサイトに埋め込まれる形で公開されている。

壇蜜さんが伊達家家臣の子孫「お蜜」役として出演し、性的な連想をさせる言葉や唇のアップが挟まれ、性的表現と受け止められかねないシーンもあり物議を醸していた。7月21日には、同県議会の女性議員7人が配信中止を申し入れた。

この炎上騒動によって、動画自体の再生回数は460万回を突破していたが、批判を受けて27日に予定より早く公開が終了していた。