アート&カルチャー

かわいい洋服、着てみたら「なんかコレジャナイ感」。ファッションの理想と現実に共感の声

想像してたシルエットにならないんですけど?

2017年08月28日 11時33分 JST | 更新 2017年08月28日 12時36分 JST

かわいい服、試着してみたら漂う「コレジャナイ感」...。

そんなファッションの理想と現実について描いたイラストがTwitterに投稿され、若い女性を中心に「わかりみがすごい」と共感の声が寄せられている。

イラストを描いた高校3年生のさかもっさん(@sakamo2424)は、「わかる人いないかな... 可愛い!こういう格好したい!!とか思っても、実際着てみたらなんかこれじゃない感」と投げかけた。

Twitter/sakamo2424

さかもっさん(@sakamo2424)提供

このイラストが投稿されると男女を問わず「痛いほどわかります!!!!」「『デザインが好き or 自分に合う』ってだけで洋服買える人羨ましすぎです泣。」など多数のコメントが寄せられた。

一方で、ファッション小物を足してシルエットを変えるなどのアドバイスや、男性からの「一番大事なのは中身」「右の子も好き」といったコメントもあった。

ハフポスト日本版の取材に対して、さかもっさんは以下のようにコメントを寄せてくれた。

——たくさん共感の声がありましたね。反応にどんなことを感じましたか?

やっぱり1番多いのは、「わかりみが深み」ですね笑。

共感してくれる方が多かったです!でも、アドバイスしてくれる方、現実の女の子の方が好みだ、と言う方もとても多くて色々勉強になりました! あとは、あれだけ反応いただいたのに辛辣なリプが全くない(見落としてるかも)のにも感動しました!!

——どんな思いで描かれたんでしょうか?ファッション業界に言いたいことがあった?

確かに、(販売されている洋服が着せられている)マネキンがスタイルよすぎに作られてるのはちょっと、お????ってなります!日本人に寄せてくれるとありがたいですね!!

でも、あのツイートは本当に私の、そういや...みたいな軽い気持ちで描いたものですので、軽く受け流してくれれば嬉しいです笑

関連記事

JKの服装&流行り、10年でどう変わった?比較絵に反響 「スカート2〜3回折る」「ソックタッチ必須」
『JKのLINEあるある』が共感されまくり。「JKじゃないけどとても分かる」(動画)