WORLD

リプニツカヤが引退か 「拒食症の治療後に決断」と国営通信

“ロシアの妖精“と呼ばれた19歳のスケート選手

2017年08月29日 11時00分 JST | 更新 2017年09月07日 15時38分 JST
Yuya Shino / Reuters
ユリア・リプニツカヤ

ロシアの国営通信社・タス通信は8月28日、2014年ソチオリンピックのフィギュアスケート団体戦で金メダルを獲得したユリア・リプニツカヤ選手(19)が引退すると報じた。リプニツカヤの母親が明らかにした。

同通信は母親の話として、リプニツカヤ選手が2017年4月、3カ月にわたる拒食症の治療を受けてヨーロッパから帰国した際に引退を決断したと書いている。

ロシアのスケート連盟に引退の意向を伝えたというが、ロシア・スケート連盟の会長アレクサンドル・ゴルシコフ氏は、リプニツカヤ選手から「正式な引退届は受け取っていない」と説明した

ISU via Getty Images

"ロシアの妖精"と呼ばれたリプニツカヤ選手

ユリア・リプニツカヤ選手は、1998年生まれの19歳。4歳でスケートをはじめ、15歳でソチ冬季オリンピックに出場した。

金メダルを獲得した女子団体では「シンドラーのリスト」に乗せ、優雅で勢いのあるスピンとミスのないジャンプで圧巻の演技を披露。自己ベストとなる141.51点を挙げた。

柔軟性を生かしたスピンが得意で、背中ごしに右足にぴたりとくっつけ高速回転するビールマンスピンが代名詞となった。体全体が1本のろうそくに見えることから、自ら「キャンドルスピン」と名付けたという。

AFP/Getty Images
2014年の世界フィギュアスケート選手権(さいたまスーパーアリーナ)で"キャンドルスピン"を披露するリプニツカヤ

"次世代の妖精"として、地元ロシアのメディアをはじめ、リプニツカヤ選手の活躍は日本国内でも大きな話題になった。

ユリア・リプニツカヤ