NEWS

マイケル・ジャクソンの誕生日、娘がメッセージ 「あなたがいた時に感じていた愛を、もう感じることはない」

「最愛の人へ、お誕生日おめでとう」

2017年08月30日 13時30分 JST | 更新 2017年08月31日 23時54分 JST

8月29日は、故マイケル・ジャクソンの誕生日だった。

娘のパリス・ジャクソン(19)は同日、Instagramを更新し、生きていれば59歳を迎えていたはずの父に向けてメッセージを伝えた。

「最愛の人へ、お誕生日おめでとう。私に真の情熱とは何か見せてくれて、そして、生きるため、そして夢を見るために確固たる信念を与えてくれた人。

私は、あなたがいた時に感じていた愛を、もう感じることはないでしょう。

あなたはいつも私とともにあり、私はいつもあなたとともにある。私はあなたではないし、あなたは私ではないけど、私たちはひとつだとわかってる。私たちのソウルが変わることはない。魔法をありがとう。永遠にそしていつも」

 ***

パリスはマイケルの唯一の娘で、自身を「ピーターパン」と考えているマイケルは、彼女のことを「ティンカー・ベル」と呼んで可愛がっていたという。

FilmMagic
パリス・ジャクソン(2017年5月1日撮影)

パリスはアメリカのローリング・ストーン誌のインタビューで、2009年にマイケルが死去した後、数回にわたって自殺未遂を図ったと明かしている

15歳の時には薬物中毒になって手首を切り、20錠の薬を飲んで自殺を図った。「私は自尊感情が低くて、自分がしていることは何も正しくない、生きる価値がないと考えていた」と語っている。

その原因については、父親の死だけではなく、知らない人から性的暴行を受けたことによるうつ病だったという。

マイケルは2009年6月25日、専属医のコンラッド・マレーが処方した麻酔薬プロポフォールの中毒により死去した。マレーは過失致死で有罪判決を受け懲役刑に服した。

マイケル・ジャクソンの楽曲集