NEWS

哲学者の中村雄二郎氏が死去、91歳 「共通感覚論」「術語集」などで知られる

「共通感覚論」「述語的世界と制度」などの著作がある。

2017年08月30日 18時32分 JST | 更新 2017年08月30日 18時33分 JST

哲学者で、明治大名誉教授の中村雄二郎さんが、8月26日、老衰のため死去した。91歳だった。明治大学によると葬儀・告別式は近親者のみで執り行ない、後日「しのぶ会」が開かれる予定という。

中村さんは1952年に東京大学大学院を修了。明治大法学部専任講師を経て専任教授を務める。1996年に退職後、名誉教授となった。

フランス哲学を基盤として近代の知、宗教、文化、日本人のあり方など、様々な領域の現象を幅広く論じてきた。

「共通感覚論」「術語集」「悪の哲学ノート」「宗教とはなにか」など多数の著書がある。