WORLD

ハリケーンで街が水没→家具ショップが店を開放「ペットも連れてきて」

「ベッドも食べ物もたくさんあります。ペットも連れてきてください」

2017年08月31日 13時56分 JST | 更新 2017年08月31日 14時03分 JST

ハリケーンによる洪水に苦しむなか、被災者のために避難場所として開放された家具ショップが話題だ。

大型ハリケーン「ハービー」の影響による洪水で、アメリカ・テキサス州のヒューストン市は、広範囲に渡り水没した。このため、家具ショップ「ギャラリー・ファーニチャー」を営むジム・マッキングベール氏は8月28日、自分の店を避難所として提供し始めた

「ベッドがたくさんあり、食べ物もたくさんあり、水もあります。ペットも連れてきてください」

「マットレス・マック」の愛称で住民に親しまれているマッキングベール氏がFacebookで呼びかけると、29日には利用者が400人を超えたという。

Pray for Texas - live with Mattress Mack at Gallery Furniture North Freeway

Jim Mcingvaleさんの投稿 2017年8月27日

店では避難者のために朝食・昼食・夕食を提供している。SNSに投稿された写真には、マットレスの上で遊ぶ子どもたちや、カウチに座る大人などが写っている。

Nick Oxford / Reuters
Evacuees get some rest in the warehouse at Gallery Furniture which opened its doors to residents needing shelter, in Houston, Texas.
Nick Oxford / Reuters
Maria Lopez plays with her son Rafael Lopez, 3, in the Gallery Furniture warehouse where they have been staying after evacuating their flooded home over the weekend.
Nick Oxford / Reuters
Charlotte Mills reads her Bible in Gallery Furniture's warehouse on Tuesday after evacuating her flooded home.

店は、テキサス州軍にもマットレスなどを提供。勤務の合間にくつろぐ隊員の姿も、写真で紹介されている。

Jim Mcingvaleさんの投稿 2017年8月28日

マッキングベール氏はNPRの取材に対し、「荒廃した街を見て、10万平方フィート(約9300平方メートル)の店を、避難所として提供するのが最適だと決めた」と語った。

マッキングベール氏は2005年のハリケーン「カトリーナ」のときにも、店を避難所として提供した。

  ◇

テキサス州には、大雨で非難してきたルイジアナ州の住民も流入しており、最大3万人が避難所を探しているとみられている。5万人の避難者が収容されている避難所もあり、29日の夜までに、9000人以上が溢れていたとの報告もある

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳・編集しました。