NEWS

サウジアラビアのサルマン皇太子、W杯予選日本戦のチケットを買い占め 全部でいくら?

観覧席を自国サポーターに無料開放する。

2017年09月04日 12時00分 JST | 更新 2017年09月04日 12時16分 JST
Felix Ausin Ordonez / Reuters
※写真はイメージです

W杯の本選出場を決めたサッカー日本代表に、オイルマネーの脅威が襲い掛かりそうだ。サウジアラビアのサルマン皇太子が9月3日、自国で開催するW杯最終予選・日本戦の観覧席をサウジサポーターに無料開放すると発表した。アラビアンビジネスなどの現地メディアが報じた。

日本は9月5日、サウジアラビアのジッダでアウェーゲームを戦う。サルマン皇太子は、サポーターが無料で観戦できるよう、サウジ側に割り振られた分のチケットを買い占めた。

地元メディアは、サルマン皇太子のこの計らいは、代表チームを熱心に応援する地元サポーターへの褒賞であると伝えている

試合会場は、2014年に新設されたばかりのキング・アブドゥラー・スポーツ・シティー。スポニチが関係者の話として伝えたところによると、収容数約6万2000人のうち、緩衝地帯と日本サポーター用に確保された席を除くシート数は約6万となる。

このうち5万9800席は普通席で35サウジアラビアリヤル(約1029円)、残り200席がロイヤルシートとして1500サウジアラビアリヤル(約4万487円)で販売されていたようで、合計すると239万3000サウジアラビアリヤル(約7033万円)。

サルマン皇太子がいくらで入場券を買い占めたのは定かではないが、相当な金額を支払ったのは間違いない。

同国スポーツ総合局のモハメド・アブドゥル・シェイク局長は、サルマン皇太子のサポートについて、「代表チームにとって、ワールドカップ予選を突破するための大きな力となる」と感謝を示した

サウジアラビアサッカー協会のエザット会長も、「サルマン皇太子の行動は、若者とスポーツ分野への関心の表れだ」と語った。

サウジアラビアはB組2位につけるが、3位オーストラリアとは勝ち点で並んでいる。日本戦を落とすと、タイとの最終戦を戦うオーストラリアに逆転される可能性が高い。