ライフスタイル

自分のスーツケースを100%見分けられるグッズとは?

「手荷物受取所で流れてくるスーツケースが全部同じで、自分のものがみつからない」という悩み、今すぐ解決

2017年09月05日 13時22分 JST | 更新 2017年09月06日 10時25分 JST

t空港の手荷物受取所で流れてくるスーツケースがどれも同じような形で、自分のものをみつけるのが難しい。

飛行機に乗るたびに、そう思っているのであれば、思い切ってこれくらいインパクトのあるスーツケースにしてみるのはどうだろう?

FIREBOX

これは、イギリスのオンラインショッピングサイト「Firebox」が販売する、自分の顔をプリントしたスーツケースカバー「Head Case」。

これほど巨大でリアルな自分の顔が手荷物受取所で流れてきたら、スーツケースを見逃すことはまずないだろう。

顔は自分ではなくてもいい。お父さんや大好きなブラッド・ピットなど、あなたが望む人の顔でいい。

Fireboxが商品説明に使っている写真は、ちょっとインパクトがありすぎるような気もするが、こんなスーツケースを持っていたら、注目の的になること間違いなしだ。

FIREBOX

そもそも目立つことがこの商品の売りでもあるようだ。

Fireboxの商品説明ページには「手荷物受取所で、羨ましがられる存在になろう」「自分の顔がプリントされていることほど、それがあなたのスーツケースであるという証明になることはない」と書かれている。

オーダー方法は、高画質の写真をFireboxに送るだけ。

サイズは3種類で、値段はそれぞれSサイズは26ドル(約2,840円)、Mサイズが32.49ドル(約3,500円)、Lサイズが39ドル(約4,260円)だ(イギリス国外への配送は、別途送料がかかる)。

FIREBOX

1つ手に入れて、さっそく手荷物受取所のアイドルになってみてはいかが?

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

ロンリープラネットが選んだ究極の旅先15