NEWS

プロポーズ成功直後に転落死 沖縄県の伊良部大橋

橋の欄干を乗り越え、足を滑らせる

2017年09月04日 18時11分 JST | 更新 2017年09月04日 18時28分 JST
時事通信社
伊良部大橋

沖縄県の宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋で9月4日午前0時ごろ、男性が転落した。橋の上で交際中の女性にプロポーズした直後だったという。男性はその後、死亡が確認された。

ハフポスト日本版が宮古島市消防本部や県警宮古島署に取材したところ、死亡したのは伊良部島に住む介護士の32歳の男性。9月3日深夜、交際中の女性が運転する車で、伊良部大橋を訪れ、宮古島と伊良部島の中央付近に駐車後、2人きりで話した。

女性にプロポーズをし、承諾の返事をもらった。その直後、女性が止めるのを聞かずに、男性はふざけて橋の欄干を乗り越え外側の縁に立ち、足を滑らせて27メートル下の海面に落下した。男性は飲酒後だった。

午前7時ごろ、転落場所の真下に近い、水深約18メートルの海底で沈んでいる男性を宮古島海上保安部のダイバーが発見。死亡が確認された。現場は船が航行できるように橋桁が特に高くなっている場所だったという。

2015年に開通した伊良部大橋は、全長3540メートルと無料で渡れる橋としては国内最長。観光スポットとしても人気を集めている。