これからの経済

空飛ぶバイク、モトGPで公開飛行「未来は意外と近くにあった」(動画)

ホバーサーフ社の「スコーピオン3」とは?

2017年09月04日 15時25分 JST | 更新 2017年09月04日 18時29分 JST
hoversurf.com
ホバーサーフ社の「スコーピオン3」(公式サイトより)

SF映画やアニメでお馴染みの「空飛ぶバイク」が、ついに実現したようだ。

ロシアのホバーサーフ社が開発した1人乗りドローンが飛ぶ姿が公開され、「いよいよバイクが空を飛ぶ時代に」とネット上で反響を呼んでいる。

同社は9月2日、同社が開発した「スコーピオン3」が、国際バイクレースの「モトGP」のサーキットで飛行する動画を、YouTubeで発表した。初の公開飛行だという。

本体前後に回転翼を計4枚備えたクアッドコプター型で、バイクのシートを搭載している。2月には工場のような場所で飛行する動画が発表され、注目を集めていた。

公式サイトでは、「バイクに乗るのと同じような感覚で空を飛びたいと思いませんか?」「未来は意外と近くにありました!」として、予約を受け付けている。ただし、現時点では価格は明らかにしていない。


1人乗りドローンは世界各国で開発が進められており、上に人が立つタイプの機体が、ポルトガルのサッカー公式戦「タッサ・デ・ポルトガル」で、審判へのサッカーボールを渡すのに使われたこともあった。