NEWS

インパルス堤下敦さんを書類送検へ 睡眠薬服用後に運転、道交法違反疑い

入浴施設で睡眠薬を飲み、車で帰宅途中に記憶を失ったという

2017年09月05日 17時47分 JST | 更新 2017年09月05日 17時47分 JST
Nathan Shanahan via Getty Images
インパルスの堤下敦さん

お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さん(39)が6月、睡眠薬などを飲んで乗用車を運転したなどとして事情聴取されていた問題で、警視庁が9月6日にも道交法違反(過労運転、事故不申告)の疑いで堤下さんを書類送検する方針を固めたと、共同通信などが5日に報じた。

捜査関係者によると、6月14日未明、東京都世田谷区で、睡眠薬の影響で正常な運転ができない恐れがあったのに車を運転し、電柱に衝突する事故を起こしたにもかかわらず申告しなかった疑いが持たれている。

堤下さんはじんましんで医師の治療を受けていた。事故直前に世田谷区の入浴施設で、処方された睡眠薬を風呂上がりに飲み、車で帰宅途中に記憶を失ったという。
 
インパルス堤下さんを書類送検へ 睡眠薬服用後に運転の疑い - 共同通信 47NEWSより 2017/09/05 16:24)

堤下さんは狛江市の路上で、ハンドルにもたれかかり意識が朦朧とした状態で警察官に発見された

堤下さんは6月14日に記者会見を開き、「(運転前に)睡眠薬とアレルギーの薬をセットで飲んでしまった」と説明。さらに、じんましんによる身体のかゆみで夜も寝られないことや、寝不足がアレルギーの原因の可能性もあるとして、睡眠薬が医師に処方されていたと話した。

医師には「薬を飲んで車を運転してはいけない」と説明を受けていたという。 しかし、「銭湯は自宅まで車で10分かからない場所だったので、家に帰ってすぐ寝ようと思って運転してしまった。ネットで調べたところ、薬が効くまで多少時間があると目にしたので、近所なので効率良く寝られると勝手に思った」と釈明した。

さらに、「全て僕の認識不足、甘さだと思っている。こういう事故を起こしてしまい、たくさんの方にご迷惑、家族・相方に迷惑をかけてしまった」と謝罪していた。

堤下さんはお笑いコンビ「インパルス」のツッコミ担当で、相方は板倉俊之。バラエティー活動の他に、TBS『アゲイン!!』、フジテレビ『マルモのおきて』などに出演し、俳優としても活動している。