ライフスタイル

ひとりぼっちの夜に。ホテルの奇妙なサービスが話題

一人旅や出張にいいかも。

2017年09月08日 11時40分 JST | 更新 2017年09月08日 14時02分 JST

ひとり旅が好きな人も、仕事で出張した人も、夜にホテルでふと寂しさを感じることがあるかもしれない。

そんな時は、テレビを観たり、SNSを確認したり、誰かとLINEをしたりするだろうか。

しかし、ベルギーのホテルは違う。ひとりぼっちの客に、奇妙なサービスを提供しているのだ。

部屋にひとりで、仲間が欲しい? レンタル・フィッシュ 3.5ユーロ/一夜

写真は、ニュージーランドに住むミシェル・クックさんの友人が、ベルギーの首都ブリュッセル近郊にある「ホテルシャルルロワ」に泊まったときに撮影したものだという。

このツイートには、3万6000いいね!され、「面白い」「なんて愛らしいの」といったコメントが寄せられている。

一方で、小さな金魚鉢に入れられた金魚の体調を心配する声も挙がったが、Mashableによると、同ホテルは2013年からこのサービスを開始。普段は、ハウスキーピングの部署にある水槽で金魚の世話をしており、金魚の健康には細心の注意を払っているという。

水槽の中で泳ぐ、小さな金魚。ずっと眺めていると、心が落ち着くのかもしれない。

ひとりでベルギーを訪れる際は、一夜を過ごしてみるのもいいだろう。

hitori

ハフポスト日本版は、自立した個人の生きかたを特集する企画『#だからひとりが好き』を始めました。

学校や職場などでみんなと一緒でなければいけないという同調圧力に悩んだり、過度にみんなとつながろうとして疲弊したり...。繋がることが奨励され、ひとりで過ごす人は「ぼっち」「非リア」などという言葉とともに、否定的なイメージで語られる風潮もあります。

企画ではみんなと過ごすことと同様に、ひとりで過ごす大切さ(と楽しさ)を伝えていきます。

読者との双方向コミュニケーションを通して「ひとりを肯定する社会」について、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

『だからひとりが好き』Facebookページも開設しました。最新記事や動画をお知らせします。

ハッシュタグ #だからひとりが好き も用意しました。みなさんの体験や思いを聞かせてください。

シェアしたい思いや発信したい声がありましたら、hitori@huffingtonpost.jpにお寄せください。