アート&カルチャー

「天空の城ラピュタ」9月29日放送。これまでの「バルス祭り」をふりかえる

ムスカ「時間だ、答えを聞こう!」

2017年09月08日 15時15分 JST | 更新 2017年09月08日 15時22分 JST
kinro.jointv.jp

宮崎駿監督のアニメ作品「崖の上のポニョ」と「天空の城ラピュタ」が日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で放映される。

同番組では「秋のジブリ」と題して、「崖の上のポニョ」を9月22日に、「天空の城ラピュタ」を29日に、ともにノーカットで放送する。いずれも午後9時から。

「天空の城ラピュタ」といえば、テレビで放送される度にネットで盛り上がる「バルス祭り」が恒例行事となっている。

「バルス祭り」とは、同作のテレビ放送に合わせて、作品内で登場する滅びの呪文「バルス」を多くの人がTwitterや掲示板に書き込む現象だ。

2011年12月の放送時には、1秒間に2万5088件のツイートが投稿され、当時の瞬間ツイート数の世界新記録を達成した。

2013年8月の放送時には、1秒間に14万3199ツイートを記録した。

前回放送時(2016年1月15日)もTwitterは盛り上がった。Twitter広報によると、「2016年 日本のTwitterがもっとももりあがった瞬間」は、同年1月15日23時23分で1分間に34万5397ツイート(1秒間に約5万5000ツイート)だった。

この時は健康器具メーカー「タニタ」の公式Twitterが、「バルス」に対して「タニタ」で対抗。「バルス」に勝ったら「『君をのせて』体重計」など限定グッズを制作し、負けたら社名を1日限定で「バルス」にするという企画を実施した。

「タニタ」は見事に敗北し、アカウント名を「株式会社バルス(公式)」に変更した

今回もサーバー負荷によるトラブルが心配されるが、結果はいかに...。

ちなみにパズーとシータによる「バルス!」は、ムスカの台詞「3分間待ってやる!」からおよそ65秒後に発される。