アート&カルチャー

画数が多すぎる漢字「びゃん」ってどんな字? 武田双雲氏が書いてみた

遅刻した学生のペナルティーとして、1000回、書き写させた先生も。

2017年09月10日 12時25分 JST | 更新 2017年09月11日 13時00分 JST

書家の武田双雲氏が9月9日、画数の多い漢字といわれる「びゃん」という字を、公式Instagramに投稿した。

パソコンのフォント風に描くと、こんな字になる。

Wikipedia
最も画数の多い漢字「びゃん」

ウィズニュースによると、総画数56のこの字は、元々、陝西省・西安市あたりで使われていた地域限定の文字。「西安八大麺」の一つに数えられている郷土料理「biangbiang(ビャンビャン)麺」に使われていたという。

ネットで話題となり、遅刻した学生のペナルティーとして、1000回、書き写させた先生もいたという。

武田氏は今回この字を書いたきっかけについて、「とある限定イベントで みんなからのリクエストで」出たと公式ブログで紹介。制作風景の写真を紹介しながら、「漢字っておもしろいよねー」などと感想を述べていた。

【修正】2017年9月11日12時54分
当初の記事で、「びゃん」を「中国で最も画数の多い漢字」と紹介していましたが、中国には「𪚥」という総画数64の漢字が存在していましたのでタイトル及びリード文を修正しました。