NEWS

【台風進路予想】台風18号、連休には九州接近か

沖縄・先島諸島は暴風大雨警戒

2017年09月13日 12時52分 JST | 更新 2017年09月13日 13時08分 JST

強い台風18号は、沖縄県宮古島の南東の海上を西寄りに進んでいて、9月13日午後には沖縄・先島諸島にかなり接近する見込み。先島諸島では猛烈な風が吹き、海上は猛烈なしけが続く見込みで、気象庁は暴風や高波に警戒するよう呼びかけている。

気象庁の発表によると、台風18号は13日午前9時現在、宮古島の東南東130キロの海上を1時間に約15キロの速さで西北西へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。14日午前6時までに予想される雨量は、多いところで200ミリ。

15日未明に先島諸島北方の海上で進路を東寄りに変え、16日深夜から17日未明に九州に接近する恐れがある。18日にかけて西日本から北日本まで影響を受けて荒天となる可能性があり、注意が必要だ。

今後の台風18号の進路予想は以下の通り。

気象庁