NEWS

学生に「留年してください」東京学芸大教授、アカハラで解雇 就職活動の妨害も

学生の内々定を取り消す方法を大学側に尋ねていたという。

2017年09月13日 13時14分 JST | 更新 2017年09月13日 13時37分 JST
1001nights via Getty Images
写真はイメージ

東京学芸大教授、アカハラで諭旨解雇 就職活動の妨害も

 東京学芸大は12日、教育学部の50代男性教授が複数の学生に、不適切で悪質な言動をするアカデミック・ハラスメントをしていたと発表した。一部の学生は精神疾患で通院していたという。同大は諭旨解雇の懲戒処分とし、男性教授は11日付で辞職した。

 同大によると、教授は2014年3~10月、研究室に所属する学生の就職の内々定を取り消す方法を大学側に尋ね、内々定先の企業に連絡を取ろうとした。また、研究室にいなかったことを批判し、学生らが登録するメーリングリストで「留年してください」などと送ったこともあった。男性教授はおおむね認め「悪気があってやったわけではない」と話しているという。

 複数の学生が、卒業した15年3月に学内の窓口に訴えて問題が発覚した。同大は「事実確認、処分内容の検討に時間がかかった」と説明している。

(朝日新聞デジタル 2017年09月12日 23時07分)
関連ニュース