NEWS

ジャニーズ事務所、一部ファン「スタッフにエアガンを発砲」 過激行為に注意

タレントが移動する際の「過激な追跡行為、おやめください」とも

2017年09月14日 12時25分 JST | 更新 2017年09月14日 12時38分 JST
Getty Images/Moment RF
(イメージ写真)

oriconnews
ジャニーズ事務所、一部ファンの過激行為に注意喚起 スタッフにエアガン発砲など

ジャニーズ事務所は13日、公式サイトで「大切なお願い」として一部のファンによるタレントやスタッフへの過激な行為に対し注意を促した。

サイトでは「温かく応援してくれているファンの皆さまが、ファンとしての品位を保ちタレントを温かく見守っていただいている一方で、マナーに反する過激な行為を行う方へ『大切なお願い』があります」と呼びかけた。

主に、タレントが移動する際の「追跡行為」について注意喚起しており「このような行為によりタレントの移動に支障をきたすだけでなく、一般の方々にも多大なご迷惑をおかけし、公共交通機関では大きな混乱が発生しています。タレントが移動する際の駅や空港などでの過激な追跡行為は今後、絶対におやめください」と節度ある行動を求めた。

ほかにもタレントの写真・動画を撮影し続ける行為、タレントに故意にぶつかったり、抱きついたりする行為、スタッフに向けてエアガンを発砲する行為、タレントを乗せた移動車両を白タクなどで追いかける行為、などの事例が実際に発生していると報告している。

【関連リンク】