NEWS

北朝鮮のミサイルは襟裳岬の東約2000キロに着水、「火星12」か 韓国軍はミサイル発射訓練

菅官房長官は北朝鮮のミサイル発射に対し、「度を越した挑発行為は断じて容認できない。もっとも強い言葉で断固非難する」と述べた。

2017年09月15日 08時47分 JST | 更新 2017年09月15日 09時46分 JST

菅義偉官房長官は9月15日午前7時30分ごろから記者会見を行い、午前6時57分、北朝鮮西岸から発射された弾道ミサイルは午前7時4分から6分にかけて北海道上空を通過し、7時16分ごろ、襟裳岬の東2000キロの太平洋上に落下したと推定されると発表した。

菅官房長官は北朝鮮のミサイル発射に対し、「度を越した挑発行為は断じて容認できない。もっとも強い言葉で断固非難する」と述べた。

毎日新聞によると、韓国軍の分析ではミサイルは最高高度約770キロ、飛行距離は約3700キロとみられる。防衛省は高度を約750キロと推定している。

発射されたミサイルに対し、破壊措置は実施されなかった。これまでのところ、日本領域への落下物は確認されていない。付近を航行する航空機や船舶への被害も報告はないという。

■ミサイルの種類は「火星12」か、韓国軍は発射受け訓練

今回発射されたミサイルについて、日テレニュース24は防衛相関係者の話として、種類は「火星12」ではないかとの見方を伝えた。

また、聯合ニュースによると、韓国軍合同参謀本部は15日、北朝鮮のミサイル発射を受け、日本海上に弾道ミサイル「玄武(ヒョンム)2」を発射した。聯合ニュースは「北朝鮮の挑発に即時に対応できる態勢が整えていることを示した」と伝えた。

​​​​​​​​​​​​​​