NEWS

松本人志「一線は越えている」 不倫会見の際には告白すると宣言

斉藤由貴の会見を念頭に「そんな松本人志は見たくない」と妻から言われ……

2017年09月17日 12時47分 JST | 更新 2017年09月17日 12時47分 JST

男性医師とのダブル不倫疑惑について女優の斉藤由貴は「一線は超えていない」と会見では否定していたが、9月11日に一転して不倫関係を認めた。これを受けて、ダウンタウンの松本人志は、もし自分が不倫疑惑の写真を撮られた時は、会見し「一線は越えてますよ」と明言すると宣言した。

17日にフジテレビ系で放送された「ワイドナショー」の一幕だ。

時事通信社
「2025日本万国博覧会誘致委員会」の発足式典であいさつする松本人志=2017年03月27日、東京都千代田区 

■「そんな松本人志は見たくない」

斉藤由貴の不倫会見を受けて、自宅で「嫁が不倫報道ってどうなのって言い出して」と夫婦で議論になったことを松本は明かした。その際に妻から「もしあなたが写真を撮られて会見をしたとして、『一線を越えてない』と言ったら、がっかりだわね。そんな松本人志は見たくない」と言われたという。

この妻の言葉に松本は「ちょっと惚れ直しましたね。テンション上がってもうて、俺は不倫してないで、というのを忘れてしまった」と明かした。その上で、不倫疑惑で会見をする際には「一線は越えてますよ」と明言すると宣言した。「当たり前やないか。誰やと思ってんねん。何線も越えてますよ」と続けると、スタジオは爆笑の渦に包まれた。