あの人のことば

「リンキン・パーク」ボーカルの自殺直前の動画、妻が公開

死の36時間前、彼は家族と笑っていた。

2017年09月21日 14時12分 JST | 更新 2017年09月21日 14時15分 JST
Lucy Nicholson / Reuters
チェスターさんとタリンダさん(2016年11月21日撮影)

7月に41歳で亡くなったアメリカのロックバンド「リンキン・パーク」のチェスター・ベニントンさん。その妻、タリンダ・ベニントンさんが9月17日、亡くなる直前のチェスターさんの様子を映した動画をTwitterに投稿した。

BBCなどによると、チェスターさんはうつ病を患っていたという。

タリンダさんが公開した動画には、子どもと楽しそうにお菓子を食べてリラックスしているチェスターさんが映っている。はしゃいぎながら笑顔をみせている場面もある。一見すると、とても元気そうにも見える。

ただ、この動画はチェスターさんが自殺する36時間前に撮影されたものという。

うつ病が、いかに家族や周囲から見えにくいものか――タリンダさんはこうつづっている。

彼の死の36時間前、これが私たちに見えていたうつ病。彼は本当に本当に私たちを愛していたし、私たちも彼を愛していた

9月17日に投稿されたこの動画には、タリンダさんを励ますコメントや、うつと向き合う苦悩に共感を示すコメントが相次いだ。

タリンダ、あなたは本当に勇敢で強い人。本当にありがとう。私たちはあなたをとても愛しているし、味方です。このビデオを見て、また悲しみでいっぱいになったよ。@AnnaSeptemberx

絶対に彼は(自殺を)しようとしてた訳ではないと思う。本当に、一瞬のことなんだよね。彼は文字通り、私たちから奪い去れられたんだ。彼が選んだんじゃない。@gmzers

人は、誰かが笑っていたらうつなはずがないと思ってしまう。その考えを変えないと。僕は長い間ずっとうつを患ってきたけど、よく笑うし、よく人を笑わせてる。でも自分の心の中では何が起きてるかわかってしまってるんだ。@ChesterBe7

Steve Marcus / Reuters
チェスターさんとタリンダさん(2012年5月20日撮影)

10日前の9月7日には、チェスターさんが自殺する数日前の家族写真をTwitterに投稿したタリンダさん。

いずれも、「うつなんてクソくらえ」という意味のハッシュタグをつけて投稿した。

このハッシュタグを使って世界中から多くのユーザーが、うつと闘う気持ちなどをつぶやいている

Lucy Nicholson / Reuters
チェスターさんとタリンダさん(2016年11月21日撮影)