NEWS

「優秀な記者を失った」NHKの上田会長、記者の過労死を悔やむ

30代の女性記者が、4年前に過労で亡くなりました。

2017年10月05日 17時54分 JST | 更新 2017年10月05日 18時03分 JST
jiji

NHK会長、記者過労死に「優秀な記者を失い残念」

 日本放送協会(NHK)の記者だった佐戸未和さん(当時31)が4年前に過労死し、労災認定を受けていたことについて、NHKの上田良一会長は5日の定例記者会見で、「優秀な記者を失い、残念な気持ちでいっぱいだ」と遺憾の意を表明した。「労災認定を大変重く受け止めている。記者の勤務制度を抜本的に見直し、働き方改革にNHK全体でさらに努力していきたい。職員の健康確保に全力を尽くしたい」と述べ、佐戸さんの両親に自ら直接謝罪する意向も示した。

(朝日新聞デジタル 2017年10月05日 17時27分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)