NEWS

市川猿之助さん、歌舞伎の公演中に骨折 昇降装置に衣装巻き込まれ

左腕に重傷を負い病院に搬送されました。

2017年10月09日 18時16分 JST | 更新 2017年10月09日 18時32分 JST
市川猿之助さんの公式サイトから

歌舞伎俳優の市川猿之助さんが10月9日午後、公演中に左腕を骨折するなどの重傷を負った。時事ドットコムなどが報じた。

日テレニュースによると、猿之助さんは午後3時半前、東京・中央区銀座の新橋演劇場で、自身が演出・主演する「スーパー歌舞伎IIワンピース」のカーテンコールの際、舞台脇の昇降装置に衣装が巻き込まれた。

左腕を骨折して病院に搬送され、警視庁が詳しい経緯を調べている。

スポニチによると、同舞台は人気漫画「ONE PIECE」が原作で、2015年10月の初演から東京では2年ぶりの再演。公演は10月6日から11月25日を予定している

猿之助さんは開演前、記者会見で「順調に仕上がってます。背景にLEDの照明を使っているので、より"アニメ感"が増した。再演ですが、まったく新しいものになってます。自信があります」と話していた。