NEWS

東名で追突、夫婦が死亡 進路ふさがれ停車直後の事故だった

休憩所でトラブルになった相手に、割り込みなどの妨害を受けていました。

2017年10月09日 15時48分 JST | 更新 2017年10月09日 15時49分 JST

東名で追突、夫婦が死亡 進路ふさがれ停車直後の事故だった進路塞がれ停車、追突され夫婦死亡 6月の東名事故

Asahi
東名一家死傷事故 事故の構図

 神奈川県大井町の東名高速で6月、ワゴン車が大型トラックに追突され夫婦が死亡し、娘2人がけがをした事故があり、一家は別の車に進路を塞がれ、停車させられていたことが関係者への取材でわかった。直前の休憩所でトラブルがあり、現場まで約1キロの間、後方から極端に接近されたり、前に割り込まれたりする妨害を受けていたという。県警はこうした経緯を把握し、事故原因を調べている。

 事故は6月5日午後9時35分ごろ発生。下り線の3車線のうち、最も中央分離帯寄りの追い越し車線に止まっていた静岡市清水区の車修理業、萩山嘉久さん(当時45)一家のワゴン車にトラックが追突した。嘉久さんと妻友香さん(当時39)が死亡、高校1年と小学6年の姉妹もけがをした。一家のワゴン車の前には、福岡県内の男性が運転する車が止まっていたという。

 関係者によると、手前のパーキングエリアで、ワゴン車の進路を塞ぐように駐車していた男性を嘉久さんが注意した。怒った男性は高速道路上を追い、後方から接近したうえ、前方に割り込んで減速し、一家の車を追い越し車線上に停止させた。車から降りて嘉久さんの胸ぐらをつかむなどした直後に、後方から来たトラックがワゴン車に突っ込んだという。(古田寛也、伊藤和也)

(朝日新聞デジタル 2017年10月09日 10時23分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)