NEWS

東名事故、一家の車は追突され13メートル先に激突していた。

夫婦が死亡し娘2人がけがをした事故

2017年10月11日 12時40分 JST | 更新 2017年10月11日 12時52分 JST
Asahi
石橋和歩容疑者=10日、北九州市、佐藤栞撮影

一家の車、13M先に激突 高速度で追突か 東名事故

 神奈川県大井町の東名高速で6月、停車中のワゴン車が大型トラックに追突され、夫婦が死亡し娘2人がけがをした事故で、一家のワゴン車は追突の衝撃で約13メートル先の中央分離帯に激突していたことがわかった。捜査関係者によると、直前まで別のトラックが大型トラックの前を走行していたといい、神奈川県警は運転手が気づくのが遅れ、高速度のまま突っ込んだ可能性があるとみている。

 県警などによると、静岡市清水区の車整備業萩山嘉久さん(当時45)一家のワゴン車は6月5日午後9時35分ごろ、下り線3車線のうち、最も中央分離帯寄りの追い越し車線に停車中、大型トラックに追突された。ワゴン車の進路をふさいで停止させ、追突事故を引き起こしたとして、福岡県中間市の建設作業員石橋和歩容疑者(25)が10日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕された。

(朝日新聞デジタル 2017年10月11日 11時20分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)