NEWS

「児童の性的搾取」で凍結されたTwitterアカウント、38%が日本のもの

Twitterは、援助交際を含む児童に対する性的搾取行動を禁止している。

2017年10月14日 13時24分 JST | 更新 2017年10月14日 13時24分 JST
Kacper Pempel / Reuters
Twitter

Twitter Japanは10月13日、「児童の性的搾取」問題への取り組み内容を発表した。2017年上半期に児童の性的搾取に関して凍結されたアカウントのうち、38%が日本のアカウントだという。

Twitter Japan

Twitter社は、援助交際を含む児童に対する性的搾取行動を禁止している。

性的搾取を助長する画像や動画、リンクを投稿したツイートやアカウントは予告なく削除し、また、アカウントを永久凍結するなどの対応を行っている。永久凍結されると、新たにTwitterアカウントを開設することはできなくなる。

同社によると、児童の性的搾取に関する投稿をしてアカウントを凍結された日本のユーザーのうち50%が、別のアカウントを立ち上げて初めてツイートをする前にアカウントを凍結されたという。

また、凍結されたアカウントの情報は、アメリカの法律に準拠し、全米行方不明/被搾取児童センター(NCMEC)や特定地域の捜査当局に報告している。

Twitter Japanは、NCMECのレポートは日本を含め世界各国の法的機関が入手できるとして、日本政府に対し「このNCMEC CyberTipのレポートを正式にご利用、ご活用されることをおすすめします」と呼びかけた。