NEWS

室屋義秀がレッドブル・エアレース年間総合優勝 日本人初のタイトル獲得

空のF1で見事、逆転優勝。

2017年10月16日 09時42分 JST | 更新 2017年10月16日 09時50分 JST
Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool
室屋義秀氏(October 15, 2017)

"空のF1"とも呼ばれる飛行機レースの世界大会「レッドブル・エアレース」で10月15日、日本人パイロットの室屋義秀選手が年間総合優勝を果たした。日本人としては初のエアレースチャンピオンとなった。

最高時速370キロが出るレッドブル・エアレースは、パイロットたちが小型機を操縦し、コース中に配置された高さ25メートルの障害物の間を通過しながらタイムを競う。世界各地を転戦して、年間8戦が行われる。

2017年のワールドシリーズでは、アメリカ・インディアナポリスでの最終戦を前に、室屋を含めた4人にワールドチャンピオンの可能性が残されていた。最終戦前の時点では、室屋は今シーズン3勝を挙げランキング総合第2位。首位のマルティン・ソンカに4ポイント差があった。

室屋が年間優勝を獲得できる条件は、最終戦で優勝、かつ、ソンカが3位以下という厳しい内容。予選で室屋はペナルティを受けて11位だったが、準々決勝のラウンドオブ14でソンカを破り、決勝のファイナル4では2位以下に2秒以上の差をつけるコースレコードを記録し優勝した

Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

室屋選手は1973年、奈良県生まれ。2009年にはレッドブル・エアレースの世界大会にアジア人として初めて参加した。