WORLD

ISの「首都」ラッカが陥落 クルド人勢力が解放

「シリア民主軍」(SDF)の報道官がAFP通信に明らかにした。

2017年10月17日 23時26分 JST | 更新 2017年10月17日 23時26分 JST
Erik de Castro / Reuters
Fighters of Syrian Democratic Forces make the V-sign as their convoy passes in Ain Issa, Syria October 16, 2017. REUTERS/Erik De Castro TPX IMAGES OF THE DAY

IS「首都」ラッカ解放、クルド勢力が制圧 シリア

 内戦下のシリアで、少数民族クルド人の軍事組織を主力とする連合部隊「シリア民主軍」(SDF)は17日、過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と称してきた北部ラッカを制圧、解放したと発表した。SDFの報道官が同日、AFP通信に明らかにした。

 イラク軍などは7月、ISが最大拠点としてきたイラク北部モスルを奪還。以降、国際社会の対IS掃討の焦点はラッカだった。ISは独自のイスラム教解釈に基づく疑似国家の「カリフ(預言者ムハンマドの後継者)制国家」の実現を目指したが、「国土」の大半は制圧され、今回「首都」も陥落。「国家」実現はついえたことになる。

 ラッカは2013年3月、シリアの反体制派が制圧。これをISの前身組織が14年初頭に制圧し、その後「首都」と称した。以降、世界からIS信奉者が集まる一大拠点になった。

 SDFは米軍が主導する有志連合の軍事支援を受けて、今年6月からラッカ制圧作戦を本格化。ISは住民を「人間の盾」にして抵抗した。在英の反体制派NGO「シリア人権監視団」によると、6月以降、巻き添えで住民1千人以上が死亡した。有志連合による空爆の被害も多いという。(イスタンブール=其山史晃)

(朝日新聞デジタル 2017年10月17日 21時57分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)