特集

毛虫って、どんな味? メイン食材は、ガの一種、モンクロシャチホコの幼虫

「朝採り」をポン酢で

2017年10月03日 17時55分 JST | 更新 2017年10月04日 17時36分 JST
朝日新聞社
サクラケムシのペペロンチーノやカイコのチーズリゾットなど、完成した昆虫食ランチ=名古屋市内、吉本美奈子撮影

朝どりケムシさっとゆでて...食べたら桜の味 記者が実食

 「さっきまで動いていたのが食材に」。セミやケムシといった昆虫を味わうイベントが、名古屋市内で9月に開かれた。食糧難を救う手段として注目される「昆虫食」。数多くの「なごやめし」を生んだ名古屋で、新たな料理が生まれるかも。私も参加した。

■くねくね元気な姿に...

 「第4回セミ会in名古屋ケムシ編」に集まったのは9~58歳の男女12人。主催する國枝彩帆(くにえだあやほ)さん(27)と西川健一郎さん(26)がSNSなどで呼びかけた。

 今回のメイン食材は、ガの一種、モンクロシャチホコの幼虫(通称サクラケムシ)。その名の通り、桜の葉を食べて育ち、羽化する前の秋が「旬」の「比較的メジャーな食材」(國枝さん)だ。あらかじめ捕まえて冷凍していた約300グラムに加え、愛知県内の河川敷でこの日、捕まえたばかりの「朝採りケムシ」が約15匹。くねくね動く元気な姿に、皆のテンションも上がる。

 ほかの食材は、8月に公園で採取し冷凍保存したセミの幼虫と成虫、ゴミムシダマシ科の幼虫「ミルワーム」や乾燥コオロギ、粉末のカイコパウダーなど。

 メニューは、調理師免許を持つ西川さんが考えた8品。西川さんの指導で、手分けして調理する。

 冷凍サクラケムシは刻んで使う。バーニャカウダはサクラケムシのうまみと香りを残しつつ、アンチョビとニンニクで味を調えるのがポイントだ。「朝採り」は素材の風味を生かすため、丸ごとさっとゆでる。

 愛知県日進市の平井義敏さん(38)と嵩太郎(しゅうたろう)君(9)親子の担当は「ミルワームとナッツのサラダ」。ミルワームを素揚げする時にバチバチと油がはねてひるんだが、鍋のふたで身を守った。

 記者はデザートの「セミチョコアイス」を担当。砂糖漬けしたセミの幼虫と成虫を、湯煎で溶かしたチョコレートと生クリームに混ぜる。バットに置いて冷蔵庫で固め、バニラアイスに載せる。セミの羽付きと羽なしの二つを作ってみた。

■虫の存在感ゼロ

 1時間ほどで料理は完成。いよいよ試食だ。カフェのランチメニューと見まがう出来栄えで、「ゲテモノ」感はほとんどない。

 サクラケムシのバーニャカウダは刻んであり、虫の存在感ゼロ。ゆでた「朝採り」をポン酢で味わうと、黒いケムシの姿からは想像もつかない、まさに桜の味。お酒にも合いそうだ。

(朝日新聞デジタル 2017年10月03日 07時30分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)