特集

「男が痴漢になる理由」なぜ女性も知っておくべきなのか。満員電車でくり返される性暴力

過半数が「痴漢の行為中に勃起していない」 突き動かしているのは性欲だけではない。

2017年10月19日 12時15分 JST | 更新 2017年10月21日 11時06分 JST

そんな理由は知りたくない。

『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)というタイトルを聞いたとき、そんな嫌悪感が反射的に湧き上がってきたのは、筆者が女性だからだろう。

けれど日本初の社会内での性犯罪再発防止プログラムを実践している榎本クリニック・精神保健福祉部長の斉藤章佳氏(精神保健福祉士・社会福祉士)は次のように語る。

「痴漢をはじめとした性犯罪、その加害と被害の実態を、男性はもちろん女性たちにも正しく知ってほしいのです。痴漢をはじめとした性犯罪は加害者側の問題であり、多くの場合に被害者側に非はない。ですが、"被害に遭う"という点においては、望まずとも当事者になってしまう問題ですから」

「仕事を1週間がんばったから痴漢してもいい」と自分でルールを定めていた会社員。「もし自分の妻や娘が性犯罪に遭ったら?」という問いに、「相手の男を殺しに行く」と臆面もなく答えた妻子持ちの性犯罪者。「自分は他の強姦犯と違う。相手を傷つけないように必ずローションを使っていたから」と真顔で語る連続強姦犯。

取材の最中に聞かされた性犯罪加害者の信じがたい思考や振る舞いに、幾度も嫌悪感が湧き上がり、腹が立った。それでも、いやだからこそ私たちは性暴力について、もっと正しい情報を知るべきではないだろうか。

数ある性犯罪のなかでも「もっとも身近で、日常性の高い性犯罪であり、おびただしい数の被害者を出している」痴漢の実態について、斉藤氏に話を聞いた。

Kaori Sasagawa

痴漢を突き動かすのは性欲だけではない

――「痴漢」についての本を書こうと思ったきっかけは?

私たちが性犯罪者を対象とした「再犯防止プログラム」を立ち上げてから、2017年で12年が経ちました。これまでの受講者は延べ約1116名。性犯罪の加害者に向き合う一方で、被害者からの相談も受けていますが、性犯罪の実態と世間一般が「痴漢」に抱くイメージではすごく乖離があるんですね。それ自体がセカンドレイプの温床にもなっています。

痴漢をはじめとした性犯罪の問題自体は、加害者の問題なんです。にも関わらず、あまりにも当事者性が欠如した反応を示す加害者の男性が多い。

行き帰りの通勤電車という生活習慣のなかで起きる痴漢という性犯罪の実態について、もっと多くの人に知ってほしい。そう思ったのが執筆の動機です。

――そもそも、痴漢加害者のリアルな実態はどのようなものなのでしょう。

私たちのクリニックで調査した痴漢加害者のパーソナリティは、最終学歴が「四大卒」の「会社員」ほぼ半数を占めています。さらには結婚していて子どもがいる、娘の父親である加害者もいます。

――つまり、どこにでもいる「普通の男性」である、と。

そうです。見た目が色黒で筋肉質で暴力的な性犯罪者はほとんど見かけません。どちらかというと色白で細身で、話し声も小さいような、なよっとしたタイプの男性が多い。

これは痴漢だけではなく、強姦の加害者も同じです。私は強姦加害者との面会するため拘置所に行くことが多いのですが、事前に調書で読んだ加害者のイメージと、目の前に座っている本人がとても同一人物には思えないことが多いですね。犯罪行為と見た目の印象が、どう考えても乖離している。

――見た目は普通だが、性欲が過剰だから行為に走ってしまう?

いいえ、痴漢を突き動かしているのは性欲だけではありません。以前、200名を超える加害者に聞き取り調査を行ったところ、過半数が「痴漢の行為中に勃起していない」と回答しています。

また、対象行為直後に駅のトイレなどで射精するタイプは少数です。つまり性的欲求を満たす目的で行為に及んでいるわけではないと分析できます。

夫婦間でセックスがあるにも関わらず、常習的に痴漢行為をしていた妻帯者もいます。セックスレスも痴漢行為と相関関係はありません。

「痴漢をやめて失ったものは?」という問いへの答えは

――性欲解消ではない。じゃあ一体、何のために......。

「そんなことをするのか?」という話になりますよね。

多数の痴漢加害者にヒアリングを重ねて導き出された答えは、痴漢行為は彼らにとって「ストレスへの対処法」であるということです。スポーツで汗を流したり、趣味に没頭したりするのと同じ感覚で、彼らは痴漢行為で自身のこころを安定させているんです。

――ストレス解消の一手段として痴漢行為を選んでいる?

そうです。加害者のヒアリングで浮かび上がってきたのが、「自分より弱い存在を支配したい」「征服したい」「じわじわいじめることで優越感を味わいたい」という声でした。

「釣り」に例える人もいましたね。「今日はいい獲物が釣れた」というギャンブル性やレジャー感がある、と。痴漢同士が情報交換したり成功体験を自慢し合ったりする掲示板サイトがあるのですが、そこに書き込んで評価されることで、間接的な報酬効果となり問題行動が強化されていたというケースもありました。

Kaori Sasagawa

――自分より弱い獲物をハントすることに達成感がある。

痴漢という性犯罪の本質は、"支配欲"です。

性欲を発散するだけなら方法はいくらでもあるのに、性暴力を介してそれを遂げようとするのは、「相手を自分の思い通りにしたい」という支配欲がベースになっているから。そして、彼らにとって痴漢行為はストレスへのコーピング(対処行動)なんです。だからこそ、簡単にやめられるものではない。

再犯防止プログラムの場で「痴漢行為を手放すことで、あなたが失ったものはなんですか?」と質問したところ「生きがい」と答えた受講者がいました。我々スタッフは唖然としてしまいましたが、この答えに他の多くの受講者も頷いて同意を示していたんです。

――痴漢行為は被害者にとって極めて不快でショックな性暴力です。だが加害者はそれを「生きがい」と捉えている。この差はどこから生じるのでしょう。

性犯罪の加害者は「見た目は普通の人」が多いと先ほど言いましたが、話してみると明らかに認知が歪んでいます。

「仕事を1週間がんばったから痴漢してもいい」と手帳に正の字を書いていた会社員、「自分の妻や娘が性犯罪被害に遭ったら?」という問いに「相手の男を殺しに行く」と答えた妻帯者の痴漢常習者、「僕は他の強姦犯と違う。必ずローションを使うから、相手を傷つけていない」と真顔で語った連続強姦犯もいました。

――強姦時にローションを使うことが「思いやり」......。

そうです。加害者はいずれも性的逸脱行動を正当化して続けていくために、自分に都合のいい現実をつくりあげているのです。

そういった考え方の根底には、実は日本社会に根強く残る「男は女より上である」という男尊女卑の価値観が大きく影響しているのです。

続きはこちら 》

なぜ痴漢をやめられないのか。性暴力の本質は、"性欲"ではない。

「痴漢」で夫や息子が逮捕されたら? 妻や母、加害者家族は性暴力にどう向き合えばいいのか

......

斉藤章佳(さいとう・あきよし)

1979年生まれ。大卒後、アジア最大規模といわれる依存症施設である榎本クリニックに精神保健福祉士・社会福祉士としてアルコール依存症を中心にギャンブル・薬物・摂食障害・性犯罪・虐待・DV・クレプトマニアなど様々なアディクション問題に携わる。その後、平成28年4月から現職。大学や専門学校では早期の依存症教育にも積極的に取り組んでおり、講演も含めその活動は幅広くマスコミでも度々取り上げられている。痴漢について専門的に書かれた日本初の著書『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)をはじめ、共著に『性依存症の治療』『性依存症のリアル』(金剛出版)がある。

(取材・文 阿部花恵

【関連記事】

「私は、被害者Aではない。伊藤詩織です」元TBS記者のレイプ疑惑を顔出しで公表した理由

​​​​​​​

HuffPost Japan

性の被害は長らく、深い沈黙の中に閉じ込められてきました。

セクハラ、レイプ、ナンパ。ちょっとした、"からかい"。オフィス、教室、家庭などで、苦しい思いをしても私たちは声を出せずにいました。

いま、世界中で「Me,too―私も傷ついた」という言葉とともに、被害者が声を上げ始める動きが生まれてきています。

ハフポスト日本版も「Break the Silence―声を上げよう」というプロジェクトを立ち上げ、こうした動きを記事で紹介するほか、みなさんの体験や思いを募集します。もちろん匿名でもかまいません。

一つ一つの声を、確かな変化につなげていきたい。

メールはこちら break@huffingtonpost.jp