特集

「生理の血は赤い」 当たり前のことを描いたイギリスのCMに反響

CMで見る生理の血は、いつも「青い液体」。

2017年10月23日 13時14分 JST | 更新 2017年10月23日 13時28分 JST
BodyformChannel / YouTube

イギリスの生理用品メーカーBodyform(ボディフォーム)が、生理の血を"赤く"描いた革新的なキャンペーン動画を公開し、反響を呼んでいる。

生理用品のCMを見たことがある人は、少し驚くかもしれない。従来、生理の血は"青い液体"で代用され、描かれてきたからだ。

この動画は、「生理のタブー視」をなくすことを目的に、同社が展開する「ブラッド・ノーマル(#bloodnormal)」キャンペーンの一環としてYouTubeに公開された

10月17日に公開された動画は、公開から1週間足らずで再生回数は140万回を超えた。

動画の説明には「女性は青い液体を流さず、赤い血を流す。生理は自然なこと」とつづられており、動画には生理用ナプキンに赤い血が染み込んでいく様子や、男性が生理用品を購入するシーンなどが映っている。

同社が2017年10月に実施した調査によると、イギリスの女子学生の約52%が「生理について両親と議論するぐらいなら、学校でいじめられるほうがまだいい」と回答したという。また、43%が生理は「口にしてはいけない」話題だと考え、87%が生理中であることを隠したがる傾向にあるとわかった。

BodyformChannel / YouTube

ハフポストUK版の取材に対し、ボディフォームのマーケティングマネージャー、トレイシー・バクスター氏は、「私たちは研究の結果にとてもショックを受け、生理のタブー視について呼びかけていくことを誓いました」と語った。

「生理用品のリーディングカンパニーとして、私たちはタブーに挑戦し、誰にとっても生理の話題を話しやすくすることで、生理を"けがれ"とする風潮を取り除きたいと考えています」

同社は今回の最新動画の他にも、激しいスポーツをする女性にフォーカスしたキャンペーン動画など、従来の生理用ナプキンCMのイメージを払拭するような表現を採用している。

2016年に公開された動画では、ボクシングやサーフィン、ロッククライミングなど血を流しながら戦う女性たちを描いた。キャッチフレーズは「どんな血もあなたを止められない」。

日本のCMでも、生理の血は"青い液体"で代用されている。生理を経験したことがない人にとっては見慣れない光景で、少しびっくりするかもしれない。けれど、これが生理のリアルだ。

​​​​​​​
ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp