政治

安倍首相、憲法改正に「汗を流していきたい」(衆院選2017)

9条への自衛隊明記で「教科書に違憲論、1日も早くなくすべき」

2017年10月23日 00時11分 JST | 更新 2017年10月23日 01時29分 JST
Issei Kato / Reuters
10月22日、開票速報を受けて会見する安倍首相

10月22日に投開票された衆院選で、憲法改正に前向きな勢力が3分の2を超えた。安倍首相は同日、憲法改正に「汗を流していきたい」と積極的に進める考えを示した。

NHKの選挙特番で、同局政治部の原聖樹記者の質問に答えた。

また、連立与党の一角を占める公明党が憲法9条の条文を削ることに慎重なことを受けて、9条の1項と2項を残した上で自衛隊の存在を明記する方針を重ねて示した。

1項. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2項. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

選挙特番の中で、改憲をめぐる原記者と安倍首相のやり取りは以下の通り。

■「できるだけ多くの方々に賛成していただくように汗を流していきたい」

——与党と「希望の党」や「維新の会」などを含めますと、憲法改正に前向きな勢力が3分の2を大きく超えそうですが、憲法改正にはどう向き合いますか?

憲法改正は国民投票で決まるわけですから、国民の皆さまの理解が深まっていくことが大切。

そのためにも憲法審査会に各党が案を持ち寄り、建設的な議論をしていくことが必要であると考えています。私たちの案を具体的にとりまとめ、できるだけ多くの方々に賛成していただくように汗を流していきたい。

——総理は以前、憲法9条の1項と2項を維持した上で、自衛隊を明記するというお考えを示しましたが、自民党内には異論もあるようです。その方針を堅持しますか?

私の考えとしては、できるだけ多くの多数派を得るためには、2項も残さなければ難しいだろうと。本来、自民党の草案では2項を削除するということになってます。

北朝鮮の脅威に24時間365日、災害に対しても命がけで頑張っておられる自衛隊について教科書に違憲論が載っているという状況を一日も早くなくすべきだと考えたわけです。まだ、党内での賛成は得る段階ではありませんが、そういう観点から議論を進めていただきたい。私はそのように希望しております。