政治

辺野古反対派が3選挙区で勝利、翁長知事「沖縄は中央の流れと全く関係がない」

「基地問題が争点となる選挙はオール沖縄が全勝」

2017年10月23日 11時03分 JST | 更新 2017年10月23日 11時56分 JST
時事通信社
左から当選を確実にした沖縄1区の赤嶺政賢氏(69)、2区の照屋寛徳氏(72)、3区の玉城デニー氏(58)。

10月22日に投開票された第48回衆院選で、4つある沖縄の選挙区のうち1〜3区で、翁長雄志知事が支援する「オール沖縄」勢力の当選が確実となった。4区では公明が推薦する自民候補の当選が確実となった。

1区は、共産前職の赤嶺政賢氏(69)が当選を確実にした。2区は社民前職の照屋寛徳氏(72)、3区は無所属前職の玉城デニー氏(58)がそれぞれ当選を確実にした。4区は、自民前職の西銘恒三郎氏(63)が当選を確実にした。

沖縄では、米軍基地問題や改憲、経済振興などが争点になっていた。辺野古新基地建設に反対する多数の民意が示されたことで、県が、工事を進める構えの日本政府とどう向き合うかに注目が集まっている。

◾️翁長知事「県民の民意を伝えていく」

翁長雄志知事は22日午後10時ごろ、地元紙(琉球新報・沖縄タイムス)記者らの取材に応じた。やり取り(要旨)は次の通り。

ーー「オール沖縄」勢の当選が確実。受け止めは。

4区はまだですが。1〜3区では、辺野古新基地建設反対とオスプレイ配備撤回を訴えたことが理解されたと思う。沖縄県経済が基地問題と関係なく着実に発展していることも理解してもらったと思う。

ーー米軍普天間基地を抱える2区と、その移設先とされる辺野古がある3区で、オール沖縄が勝った。今後、政府に対してどのように今回の選挙の民意を伝えていくか。

オール沖縄は、市町村選挙で連敗し、理念が崩れているのではと言われることもあった。しかし3年前の衆院選や、知事選、県議員選、参院選など、基地問題が争点となる選挙はオール沖縄が全勝している。民意をしっかり伝えたい。

ーー今回は、知事が各選挙区に入り、支援に力を入れていたように見えた。振り返ってどうか。

今回の「不意打ち解散」の混乱で、野党がなかなか力を発揮できなかったと思う。自公与党体制が大幅に議席を取ったが、沖縄は中央の流れと全く関係がない。独自の基地問題と順調な経済について、民意が示された。

ーー来年は名護市長選、知事選を控えている。今回の選挙結果が与える影響は。

名護市長選挙は、私たちが主張している新辺野古基地反対の原点。なんとしても勝利したい。

ーー裁判で県が破れ、辺野古の護岸工事も着工している。この中で、改めて辺野古反対の民意が示されたことをどう受け止めるか。

新辺野古基地建設は、5~10年というスパンでみると大幅に遅れていると思う。県が工事を止めるのは簡単ではない。一方で、中央政府が圧倒的権力をもってしても遅々と進まない状況もある。今回、特に3区で勝利したことは大きい。(辺野古がある)名護市民の意志が数字に現れていることも含め、政府に問いたい。県民の結束力と民意を踏まえ、日本の民主主義についてもワシントンなどで伝えたい。