NEWS

黒木メイサ、"産後14キロ減量"報道を全否定  「マネして体調崩す方がいたら困るんで」

普段は「無視」する誤報。でも今回は…。

2017年10月23日 15時02分 JST | 更新 2017年10月23日 15時05分 JST
時事通信社
2014年8月6日撮影

女優の黒木メイサさん(29)が、産後のトレーニングで14キロ減量したという報道を自身のTwitterで否定した。

「2児のママには見えない 黒木メイサ"産後14キロ減量"の秘密」などといった見出しで、一部ニュースサイトで報じられた黒木さんの産後トレーニング。黒木さんは、記事の中で言及されている腹筋が割れている姿は、第2子妊娠"前"にトレーニングしたもので、産後トレーニングの結果ではないと全否定。

「産後すぐ腹筋割れるほど追い込むなんて無理な事、私だって勧めないです」とつづった。

※黒木さんが引用したニュース記事は現在削除されています。

普段は、自分に関するニュースで、事実と異なったりユーザーに誤解を与えたりしそうな内容が報じられても「無視」しているがと前置きした上で、「"産後トレーニングで追い込んで減量"みたいな間違ったことをマネられて体調崩す方がいたら困るんで!」と、報道の内容を否定した理由を明かした。

続けて、産後のトレーニングについてのアドバイスをツイートし、「皆様お身体ご自愛くださいね」と締めくくった。

黒木さんは、2012年に元KAT-TUNの赤西仁さんと結婚、同年に第1子を出産したのち、2017年の6月に第2子の出産を発表していた。

9月に写真集「INCARNATION」を発売したところ、その身体つきに「産後すぐとは思えない」という"誤解"の声が相次いでいたため、黒木さんは10月2日にも自身のTwitterで「写真集の撮影は第2子を授かる前」であると説明し、「産後すぐ減量して撮影したみたいになっちゃってるけど、さすがにそれは無理」とコメントしていた。

2度の妊娠・出産を経た黒木さんが報道を"全否定"し、産後の女性たちを気遣う様子に、Twitter上では「優しい」「訂正ありがとう」「皆が誤解しませんように」といった声が相次いだ。

▼「INCARNATION」