NEWS

遠藤賢司、死す。 「カレーライス」「不滅の男」などで知られる魂のシンガー

不滅の男よ、永遠なれ。

2017年10月25日 17時48分 JST | 更新 2017年10月25日 18時28分 JST
遠藤賢司公式Facebookページ

「エンケン」の愛称で知られるシンガーソングライターの遠藤賢司が10月25日早朝、がんのため都内の病院で亡くなった。70歳だった。遠藤賢司の公式Facebookページで発表された。

【訃報】 遠藤賢司は、一昨年より胃がんを患いましたが、闘病を続けながら音楽活動を続けてまいりました。 新曲のレコーディングに向け体調を整えていましたが、 10月23日に入院となり、24日に容態が急変し、25日早朝、都内の病院で亡くなりまし...

純音楽家 遠藤賢司(エンケン)さんの投稿 2017年10月25日(水)

■魂のシンガー、その歴史を振り返る

遠藤は1947年茨城県勝田市(現ひたちなか市)生まれ。69年にシングル「ほんとだよ/猫が眠ってる」でデビュー。72年には三島由紀夫の割腹自殺について歌った「カレーライス」がヒットした。

78年にはセックス・ピストルズなどのパンク・ムーブメントに触発された『東京ワッショイ』を発表。ライブの定番曲となった「不滅の男」などが収録され、フォークという枠にとどまらず、ロック、パンク、テクノなどのさまざまなジャンルを融合させた独自のサウンドと世界観を築き上げた。また、長嶺高文監督の映画『ヘリウッド』に主演するなど、音楽以外のシーンでも活躍した。

80年代はライブ中心の活動だったが、1991年にインディーズレーベルからライブ盤『不滅の男 遠藤賢司バンド大実況録音盤』を発表。プロレスラーに転向した元横綱、輪島大士に捧げた25分超の大作「輪島の瞳」が収録されている。また同年、60cm四方の超特大ジャケットのマキシシングル「史上最長寿のロックンローラー」を発表し、話題を呼んだ。

1996年には16年ぶりのフルアルバム『夢よ叫べ』を発表。元ジャックスのボーカリストで、長い活動休止期間から音楽シーンに復活した早川義夫へのメッセージソングとみられる「俺は勝つ」が収録されている。

2017年6月11日、スタッフが公式ブログとFacebookページを通じて「今年3月頭に癌であることが解り、4月から短期入院も経て治療中です」と公表していた。

【病気療養中です】 あっという間の6月、東京も梅雨入りでエンケン家の庭の柘榴の花も一斉に咲き始めました。 5月以降、スケジュールの更新ができずにすみません。 エンケンは、昨年末から体調が優れずに検査をしていましたが、今年3月初旬に癌である...

純音楽家 遠藤賢司(エンケン)さんの投稿 2016年6月10日(金)