NEWS

清宮幸太郎、日本ハムが交渉権獲得 ドラフト1位、7球団が競合

広陵の中村奨成は広島が交渉権

2017年10月26日 17時37分 JST | 更新 2017年10月26日 18時21分 JST
時事通信社
早稲田実の清宮幸太郎内野手=東京都国分寺市の同校 撮影日:2017年09月22日

プロ野球のドラフト(新人選択)会議が10月26日に東京都内で開かれ、早稲田実業の清宮幸太郎(18)が7球団から1位指名を受け、抽選の末、日本ハムが交渉権を獲得した

清宮は高校通算最多とされる111本塁打を放ち、国際大会などで活躍し屈指の長打力を示してきたスラッガー。ロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクの7球団が競合した。

広陵の中村奨成は、地元の広島と中日の2球団が1位指名し、広島が交渉権を獲得した。

過去には、1989年の野茂英雄(新日鉄堺)、90年の小池秀郎(亜大)の両投手が史上最多8球団の指名を受けた

▼画像集が開きます▼

清宮幸太郎選手 画像集