WORLD

“サメ“を見ていた男性が吹っ飛んだ。どういうこと?(動画)

彼は警告を見逃していた…

2017年10月28日 13時21分 JST | 更新 14時間前

アメリカ・ワシントンDCにある博物館で撮影された動画が話題になっている。

ジョージ・ヘインツマンさんは、国際スパイ博物館に表示されていた「あなたの責任において触ってください」という警告を見逃していた。

ヘインツマンさんは、臆面もなく水槽のガラスに触れて、サメが近くを泳ぐたびに、叩いていた。

YOutube/Storyful Rights Management

ヘインツマンさんは、サメを興味深そうに眺め、臆面もなくガラスに触れてから、指をふる仕草を見せ、大きな白のサメが近くに寄ってくると、ガラスを強く叩きはじめた。

その瞬間...!

Youtube/Storyful Rights Management

サメはガラスに向かって突進した!

YouTube/Storyful Rights Management

口を開けて!

Youtube/Storyful Rights Management

!!!!

ヘインツマンさんは、後ろに吹っ飛び、床に転がった。

Youtube/Storyful Rights Management

びっくりした〜〜〜〜〜!

そのすべての瞬間を、彼の友人のキャセイ・ペックさんが動画で捉えていた。10月25日にYouTubeに投稿されると話題となり、80万回以上再生されている。

「サメ」がいたのは「地球の再設計」と題された企画の展示室。ここでは映画「007 私を愛したスパイ」に登場する悪役、カール・ストロンバーグが構想した海の下の文明が再現されていた。

「ストロンバーグの世界はどうなるでしょうか?」と博物館は展示内容をサイト上で紹介している。「バーチャルなサメのタンクで、住民の体験しながら調査してください...。しかし、注意してください——誰が攻撃するかはわかりません!」