これからの経済

東京モーターショー2017 気になったクルマを並べてみたよ(画像集)

ハイブリッド仕様の「センチュリー」からメルセデス・ベンツのスーパーカーまで

2017年10月27日 18時14分 JST | 更新 2017年10月27日 18時20分 JST
安藤健二

10月28日から東京ビッグサイトで一般公開される東京モーターショー2017。メディア関係者向けの内覧会が開かれた25日、ハフポスト日本版は世界各国の自動車メーカーが出展したクルマを撮影してきた。

電気自動車から自動運転技術まで最先端のテクノロジーのオンパレードだった。ハイブリッド仕様の3代目「トヨタ・センチュリー」や、メルセデス・ベンツのスーパーカー「メルセデスAMG Project ONE」など。会場でひときわ目を引いたものを画像集で紹介しよう。

■トヨタ「Concept-愛i」

■トヨタ「Concept-愛i RIDE」

■トヨタ「HV SPORTS CONCEPT」

■トヨタ 3代目「センチュリー」

■レクサス「LS+ Concept」

■スバル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」

■マツダ「魁コンセプト」

■マツダ「VISION COUPE」

■メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG Project ONE」

■メルセデス・ベンツ「Concept EQA」

■smart 「vision EQ fortwo」

■BMW「コンセプト Z4」

■BMW「i8 Protonic Frozen Yellow」

■アウディ「Elaine concept」

■アウディ「R8 V10 plus」

■ポルシェ「356」

■ポルシェ「911 GT3」

■佐藤琢磨選手が「インディ500」で日本人初優勝したときのマシン(ホンダ)

東京モーターショーは、10月28日から11月5日まで一般公開される。