NEWS

関空にボージョレ・ヌーボーが到着 今年の解禁はいつ?

関空税関支署の職員が1本1本確認した。

2017年10月28日 14時43分 JST | 更新 2017年10月28日 14時43分 JST
朝日新聞社提供
ボージョレ・ヌーボーを調べる職員=10月28日、細川卓撮影

関空にボージョレ・ヌーボー到着 来月16日0時解禁

 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が28日午前、関西空港に到着した。関空への到着のピークは31日~11月3日で、販売は11月16日午前0時に解禁される。

 初荷は独・フランクフルトから届いた2640本(3・2トン)で、1本あたり750ミリリットル。関空税関支署の職員が箱から瓶を取り出し、原産地や品目などを一本一本確認した。

 輸入元のサントリーワインインターナショナル(東京)によると、現地は今夏、気温が高く乾燥し、原料となるブドウの生育に適した気候だったという。担当者は「甘みが凝縮され、まろやかな味わいに仕上がった」と話している。

 同社は、昨年並みの約1300トンを輸入する。(野田佑介)

(朝日新聞デジタル 2017年10月28日 13時39分)
関連ニュース