NEWS

【台風22号】「のぞみ64号」乗客34人が始発まで車内に

大雨の影響で30分近く遅れて…

2017年10月30日 08時21分 JST | 更新 2017年10月30日 08時23分 JST
Kimimasa Mayama / Reuters
(写真はイメージ)のぞみN700系

「のぞみ64号」乗客34人、朝まで車内に 台風22号

 JR東海によると、台風22号に伴う大雨の影響で29日、東海道新幹線は静岡県内で断続的に一時運転を見合わせた。上下線で98本、最大72分の遅れが発生し、約10万人に影響が出たとみられるという。このうち博多駅発「のぞみ64号」が東京駅に30分近く遅れて30日午前0時12分に到着。JR東海は、始発列車までの待機場所として車両を開放した。34人が新幹線車内で朝まで過ごす見通しだ。

(朝日新聞デジタル 2017年10月30日 01時36分)
関連ニュース

(朝日新聞社提供)