NEWS

座間9人遺体 遺棄容疑の男 「初めて会ったその日に殺した」「金銭やわいせつ目的だった」

遺体のうち8人は女性とみられる。

2017年11月01日 08時29分 JST | 更新 2017年11月01日 08時38分 JST
朝日新聞社提供
遺体が見つかったアパートの見取り図(イメージ)

遺棄容疑の男「会った日に」「全員殺した」座間9人遺体

 神奈川県座間市緑ケ丘6丁目のアパートの室内で9人の切断された遺体が見つかり、このうち1人の遺体を遺棄したとして死体遺棄容疑で逮捕された職業不詳、白石隆浩容疑者(27)が「9人全員を殺した」などと供述していることが、警視庁への取材でわかった。「金銭やわいせつ目的だった」とも話しているといい、同庁は詳しい動機や殺害方法などについて調べている。

 捜査関係者らによると、白石容疑者は現場アパートに8月22日に入居。これ以降に9人全員を殺害したという。いずれもツイッターのやりとりを通じて知り合ったとし「転居後、初めて会ったその日に殺した」と供述。「同意がないまま殺した」「気絶させるために首を絞めた」とも話しているという。

 白石容疑者は、ネットで自殺についてやりとりする中で呼び寄せた人もいたと説明し、多くて50万円ほど奪ったと話しているという。遺体のうち8人は女性とみられる。白石容疑者は「遺体を浴室で解体した」と話し、室内からはのこぎりが見つかった。捜査1課は、遺体を損壊した際に使用したとみている。

(朝日新聞デジタル 2017年11月01日 05時07分)
関連ニュース